マイベストプロ鹿児島
田之上晃

独自漢方を使った子宝漢方相談のプロ

田之上晃(たのうえあきら)

さつま薬局

お電話での
お問い合わせ
099-800-4339

コラム

風邪予防のための漢方の知恵

2015年9月11日 公開 / 2016年5月18日更新

テーマ:鹿児島不妊子宝漢方季節の養生

朝晩少しずつ涼しくなってきました。
そのため少しずつ風邪などの感染症にかかる方も増えてきます。

風邪を引いてしまうとそちらを治すのにエネルギーを使ってしまい生殖機能を停滞させるため、妊娠出産を望む女性にはよくありません。

では風邪を引かないために役立つ医学があります。
それが中医学という漢方の考えです。

中医学では感染症にかからないよいにする働きをするのは「衛気」という物がしていると考えます。
「衛気」が低下するとウィルスや細菌などの侵入を許してしまい風邪にかかります。
だから風邪を引かないようにするには「衛気」の力を上げる漢方薬を服用すると良いのです。
では「衛気」を高める漢方処方は「玉屏風散」が有名です。
「衛気」を高めることによって花粉やハウスダストに対しても強くなるのでアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎の場合も症状が出にくくなることもあります。

漢方や目的が同じでも体質によって最適なものが変わってきます。
漢方薬を選ぶ際は専門家にご相談ください。

「独自漢方理論で妊娠しやすい体づくりを目指します!」
漢方相談・子宝相談のさつま薬局 
鹿児島店(漢方相談専門)
鹿児島市和田1丁目8-1
川内店(調剤・漢方相談)
薩摩川内市御陵下町2650-3
薬剤師・国際中医師 田之上晃
子宝相談・漢方を詳しく紹介したホームページ:http://satumayakkyoku.com/

この記事を書いたプロ

田之上晃

独自漢方を使った子宝漢方相談のプロ

田之上晃(さつま薬局)

Share
関連するコラム