まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ鹿児島
田之上晃

独自漢方を使った子宝漢方相談のプロ

田之上晃(たのうえあきら)

さつま薬局

お電話での
お問い合わせ
099-800-4339

プロフィール

田之上晃プロの写真

田之上晃プロの一番の強み

子宝に恵まれず悩んでいる方を妊娠しやすい体質へ改善

妊娠・出産しやすい状態へのセルフケアのサポートを行う。国際中医師A級を持つ薬剤師が完全予約制のカウンセリングで相談者の症状体質に合わせて最適な漢方薬と養生法をアドバイスできることが強み。

経歴

●1996年志學館高等部を卒業後、九州大学薬学部製薬化学科へ進学。
●2000年に薬剤師の国家資格を取得後、調剤薬局で勤務。
●2005年に薩摩川内市に「さつま薬局」を開局。
研修認定薬剤師(全薬剤師28万人中14.4%の割合H27.3月時点)や認定禁煙支援薬剤師、実習生指導薬剤師などの資格を積極的に取得。
日々の勤務の中で東洋医学を使った健康づくりに着目し、根本的な体質改善を目指す食品や薬の活用を目指し管理食養士を取得するだけでなく上海中医薬大学日本校へ入学する。
●2009年には、本場中国の漢方医と同等とされる国際中医師A級に認定される。
●2013年から不妊子宝漢方相談の高い実績がある専門薬局に師事。
さらに研修と研鑽を重ね、県内では貴重な独自漢方を使った子宝漢方相談を本格的に始める。
現在もその知識や経験を生かした健康サポートを行いながらさらに研究を重ねている。
●2015.4月に日本薬剤師会生涯学習で最高レベルとされているJPALSレベル5(全国薬剤師28万人の5%未満)に認定される。
●2016年5月に生薬の自動抽出機を備えた漢方相談専門薬局鹿児島店を開局

実績

●地方にある薬局ですが、ご相談者の半数以上は鹿児島市を中心に県内一円よりお越しいただいております。
●最近では鹿児島県外からのご相談も増えています。
●病院で治療を続けて成果がない方でも大丈夫です。
今までの方法とは違う中医学漢方によるセルフケアで妊娠出産しやすい状態を目指します。
原因不明不妊の方はもちろん、黄体機能不全、卵管閉塞、多嚢胞性卵巣症候群などの方々が子宝漢方のみもしくは病院治療との併用で妊娠されています。
詳しくはこちらをご覧ください⇒http://satumayakkyoku.com/category/pregnancy-voice
所属学会・研究会
日本薬剤師会、日本未病システム学会、日本中医学会、東亜医学協会、自然薬研究会、日本中医薬研究会

DATA

氏名
田之上晃(たのうえあきら)
会社名
さつま薬局
事業内容
●子宝漢方相談
完全予約制の不妊漢方相談。ご相談者の症状や体質をじっくりと伺い、東洋医学をもとに状態を判断。病院の不妊治療とは別の妊娠に近付く「体づくり」を目指し、適した漢方薬・食事・生活の注意点など丁寧に説明します。(初回は約一時間、2回目以降は15~30分)

●医薬品、栄養補助食品販売
西洋医学だけでなく、東洋医学や薬学、栄養学、食養など多方面から最も適した漢方薬や機能性食品を提案し健康づくりをサポートしていきます。

●保険調剤

平成17年(2005年)創業
専門分野
不妊漢方相談
特徴
病院治療で成果がでない方でも大丈夫です。
病院の不妊治療と子宝漢方を並行して、または不妊治療を一旦お休みして体づくりの期間に漢方をはじめることで妊娠される方がいらっしゃいます。

特徴は、現代医学と漢方が融合した中医学漢方によるセルフケアで妊娠しやすい体づくりを目指すことです。
妊娠・出産には、質の良い卵子・精子と着床しやすい子宮環境が大切です。
そのために自分でできる漢方のセルフケア法を一人一人に合わせて提案いたします。
職種
薬剤師
国際中医師
研修認定薬剤師
実務実習生指導薬剤師
住所
〒891-0143
鹿児島県 鹿児島市和田1丁目8-1-1階
電話
099-800-4339
営業時間
【鹿児島店】
10:00~18:00(月~木)
10:00~16:00(土)
電話 099-800-4339
FAX099-800-4338


【川内店】
8:30~18:00(月~金)(漢方相談は金曜日のみ)
8:30~12:30(土)
895-0061 薩摩川内市御陵下町2650-3
電話(FAX)099-800-4339
定休日
■鹿児島店:金・日・祝  ■川内店:日・祝
ホームページ
http://satumayakkyoku.com/
E-mail 
akiratanoue@satumayakkyoku.com

田之上晃プロのその他のコンテンツ

Share

田之上晃のソーシャルメディア

facebook
Facebook