Mybestpro Members

田之上晃プロは鹿児島読売テレビが厳正なる審査をした登録専門家です

更年期に悪化する方が多いバルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍

田之上晃

田之上晃

テーマ:バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍・バルトリン腺囊胞の漢方薬

さつま薬局でご相談の多いバルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍・バルトリン腺囊胞のお悩み。
なかでも更年期世代の方からのご相談が多く、直近1年間では45~55歳の方がの45%を占めています。発症から期間が経過している方が多く、最初に発症してから10~20年以上の方もいます。

更年期世代のご相談で多いのは、
■今までは時々腫れても放っておくと自然に治っていたが、急に大きく腫れて痛みだした
■病院で処置していったん良くなっても、短期間で再発してしまう
といったものです。
加齢により血のめぐりや代謝が悪くなってバルトリン腺のつまりが悪化・再発しやすくなったり、女性ホルモンの乱れで、免疫力やストレスへの抵抗力が下がるので、以前は自力で改善できていたようなものが回復しにくくなったりします。

西洋医学では、抗生剤の内服や切開をして部分的な治療をするだけですが、漢方ではバルトリン腺のつまりの原因にアプローチすることで症状を改善します。局所的な症状だけでなく体全体を整えてくれるので、バルトリン腺と同時に他の症状まで良くなったという方も少なくなく、漢方で「便通や睡眠、肌の調子が良くなった」という方や「体調が良くなり日々を充実して過ごせるようになった」という方もいます。

バルトリン腺疾患は不快でつらい症状ですが、自分の体の状態を見つめ直すきっかけにし、しっかりケアをして上手に年齢を重ねていけたらよいのではないでしょうか。漢方薬で未来が変わるお手伝いをできたらと思ってます。

さつま薬局は、全国から年間540名の方にご相談いただいています。(2023年実績)
漢方薬を上手に活かすには西洋医学とは別の知識と技術が必要ですので、漢方の専門家に相談することをお勧めします。
デリケートなお悩みですが、専任の女性薬剤師が対応しますので安心してご相談ください。
相談料は無料です。お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。
◯症例・相談方法・費用など詳しくは→バルトリン腺の漢方相談
◯バルトリン腺相談担当の女性薬剤師のインスタグラム#バルトリン腺を漢方で
 バルトリン腺疾患についてあれこれ投稿してます。

リンクをコピーしました

Mybestpro Members

田之上晃
専門家

田之上晃(薬剤師)

さつま薬局

不妊相談、バルトリン腺疾患、骨髄異形成症候群(MDS)、男性不妊、更年期障害・子宮筋腫など婦人科全般、おねしょ、皮膚病、耳鳴り、胃腸病など、中医学の専門家が漢方でお悩みを解決します。

田之上晃プロは鹿児島読売テレビが厳正なる審査をした登録専門家です

関連するコラム

プロのおすすめするコラム

コラムテーマ

コラム一覧に戻る

プロのインタビューを読む

独自漢方を使った子宝漢方相談のプロ

田之上晃プロへの仕事の相談・依頼

仕事の相談・依頼