まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

コラム

満量処方の麦門冬湯

漢方薬アラカルト

2018年6月4日 / 2018年9月19日更新

《満量処方の『麦門冬湯煎液パック』》



松浦漢方 麦門冬湯

※効能効果
☆痰が切れにくく時に強く咳き込み、又は咽頭の乾燥感があるものの次の諸症
空咳・気管支炎・気管支ぜんそく・咽頭炎・しわがれ声
※用法用量
☆15歳以上 1日2回、1回1包
「お湯割り」で飲みます。

《いちいち煎じるのではなく必要な時に「お湯割り」》



松浦漢方 麦門冬湯 

※1日分 2包から販売しています。
☆必要なだけどうぞ。

《声帯を酷使した時、酷使する時には》


余甘子 ヨカンシ 響聲白龍散
※成分
☆原材料:乳糖、余甘子エキス末(余甘子エキス・デキストリン)、パーム油、キキョウ末、白キクラゲ抽出物、真珠微粉末、デンプン、酸味料、貝Ca、甘味料(カンゾウ)、微粒二酸化ケイ素、ハッカ香料、緑茶抽出物(パッケージ記載より転記)
☆この生薬配合の響聲白龍散は単純に咳を止める、というよりも肺(*気管支・喉を含む)を潤して、その結果「咳を止める」という作用が期待出来ます。

☆発泡するので「水無しで服用できる」というのがメーカーからのワンポイントです。

☆コツはまず『響聲白龍散』を飲んだ後に『麦門冬湯パック1包』を「お湯割り」にしてチビチビと飲んで見て下さい。

☆当薬局では『ノドを酷使する人達』にお薦めして好評です。

この記事を書いたプロ

佐藤宣幸

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤宣幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-19
facebook
Facebook

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ