まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

佐藤宣幸プロのコラム一覧:動物性生薬

 《漢方で考える四季の『秋』》 ※酷暑が過ぎて朝夕に秋の深まりが感じられるようになると『心身の秋対策』が必要です。《陰陽五行説での『秋』》『金=肺=大腸=秋=皮=辛=慮=鼻』☆六白金星・七赤金星生まれの方は秋に心身の負担が大きくなる☆肺=大腸=皮=鼻・・・全て経絡はつ...

 《睡眠負債、大丈夫ですか?》 ※毎日の睡眠不足が積み重なり心身に悪影響を及ぼす恐れがあるのが『睡眠負債』。☆寝付きが悪い・夢をよく見る・睡眠中によく目が覚める・寝起きの爽快感がナイ・・・・、こんな症状ありますか?☆こんな時に安易な『睡眠薬』・『精神安定剤』の服用にはリス...

 《動物性生薬=牛黄》  《1000頭に1頭の確立=牛黄》  《古典に載っている牛黄の薬能》  《具体例》  《牛黄配合の漢方薬とは》 ※『救心感應丸 氣』 100包1箱・・¥24.840(税込)☆1包単位で販売可...

 《蟻も先達の人々は動物性生薬として健康増進に活用》 ※漢方で使用する生薬には☆植物性生薬 ☆鉱物性生薬、そして☆動物性生薬があります。★蟻も立派な動物性生薬の一つです。★日本では食べませんが世界各地では貴重なタンパク源として食されています、昔々に私が漢方研修で訪れた四川...

 《自律神経失調症気味になっていませんか?》 ※こんな不快感を感じたら自律神経失調症気味かも。☆慢性的な疲労感、倦怠感、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、微熱、不眠、下痢、便秘、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感・・・。☆精神的な事での不快感としてイラ...

 《健脳生薬って御存知ですか》 ※『健脳生薬』とは『脳の働きをよくする効果のあるという生薬』 《代表的な『健脳生薬』》  《大友式ボケ予測テスト》 ※『9点以上』・・・要注意☆まずは『活血化瘀(体内の瘀血(ヘドロ)を改善して血液循環を改善する...

 《イライラ・人疲れ・氣の消耗対策にも動物性生薬》 ※『病は気から・・・』、近代医学は原因の確定して病は治せても『気=氣』の病に対しては無力だと思います。☆抗うつ薬 ☆精神安定剤 ☆向精神薬・・・・、この手の薬の多くは『効いても治せない』、そしてダラダラ漫然と服用していた...

 《発汗と冷房の除湿作用で身体はパサパサ》 ※汗がイッパイでたら身体はパサパサに干涸らびます。※冷房は快適ですが、思っている以上に冷房の『除湿作用』は強力で、部屋の空気中の水分だけでは無く『身体の中の水分』まで除湿します。 《発汗過多と冷房の除湿作用で・・・》 ...

《蟻も漢方では繁用する貴重な『動物性生薬』》※昔、NHKで放映された『チャングムの誓い』で高貴な方の滋養強壮に効果があるとして考えられた薬膳に使用された動物性生薬が『冬蟲夏草』と『薬用蟻』でした。私も若い時に漢方研修のため訪れていた四川省の成都、ここで食した薬膳料理に『冬...

 《PCO(多嚢胞性卵巣症候群)》 ※不妊の一因に『PCO(多嚢胞性卵巣症候群)』があります。☆西洋医学では未だに具体的な治療方法は確定されていません。 《こんな病態にも『動物性生薬』は役立つと思います》 ※婦宝当帰膠の成分の一つ『阿膠』、これは動物性生薬ですから効果...

 《盛夏には『陰虚』になりやすい》 ※漢方には『陰』とか『陽』と言う言葉が頻繁に登場します。ロウソクに例えると☆炎・・・・陽☆蝋・・・・陰※炎(陽)と蝋(陰)のバランスが適正な人は『健康長寿』が叶います。季節では冬=陰、そして夏=陽です。盛夏になると陽が大きく、即ち...

 《精力・性機能アップにも鹿茸は期待大かも》 ※LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)改善にはナント言っても『金蛇精』とか『バロネスドリンク』の服用とか塗布剤の『オットピン(液体)』がお薦めですが、これらは『男性ホルモン剤』と言う化学薬品ですから当然、主作用の陰には副作用が...

 《漢方薬の生薬には・・》 ※漢方薬を構成する生薬には『植物性生薬』 『鉱物性生薬』 『動物性生薬』があります。※活血化瘀(体内の瘀血(ヘドロ)を改善して血液循環を改善する事)に使用する動物性生薬については他のコラムに書いていますので、お読み下さい。『䗪蟲(シナゴキブリ)・水蛭(...

 《今から準備、梅雨時に役立つ『動物性生薬』》 ※『梅雨寒』に御用心『冷え』に敏感な方、極寒の季節よりも梅雨時から盛夏に要注意。極寒の季節は厚着したり暖房で冷え対策が出来ますが、梅雨から盛夏の時は薄着ですし、汗ばんだままで冷房に当たると『体の芯から冷え』ます。『食...

 《生活習慣病改善に動物性生薬》 ※『高脂血症』・『高血圧』・『糖尿病』・『高尿酸値血症』・『慢性腎炎』・・・・・  これらの生活習慣病の予防と治療にも動物性生薬は効きます。※活血化瘀には『動物性生薬』を役立てます。 《活血化瘀に使用する動物性生薬》  ...

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤宣幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

担当佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

地図・アクセス

佐藤宣幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-18
facebook
Facebook

佐藤宣幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-18
facebook
Facebook

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ