まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

佐藤宣幸プロのコラム一覧:漢方薬アラカルト

 《突然の腹痛・下痢はストレスに負けている証かも》 ※ストレス度を検査する方法やストレスを示す単位もありませんが、ストレス過多は心身を蝕みます。☆別に悪い食べ物や傷んだ食べ物を食べていないのに、突然に「腹痛」そして「下痢」を体験したら「ストレス」に負けているのかも。 《こ...

 《受験生ガンバレ》 ※我が家の『お受験』は薬剤師国家試験で終了済み、次は孫達の『お受験』です。☆私達が出来る事は勉強の効率をよくしてやる事と健康管理です。 《『お受験ストレス』から解放に役立つ『生薬エキス』》         《合歓の花》        《金針菜...

 《本格的に寒くなる前に・・》 ※寒くなるとゴホゴホと咳が続き、なかなか治らない。※温かい部屋から外に出て冷たい空気に触れら急に咳が出だす。 《喘息治療の吸入剤の長期連用には要注意》 ※西洋薬の咳止めは効くときには即、効きますが効かないからとダラダラ服用していたらアブ...

 《糖尿病対策、いい漢方薬あります》 《運動不足にはインターバル速歩(早歩きとユックリ歩きの繰り返し)》《肥満には》※保険で服用出来る漢方薬(医師の診断と処方せんが必要)☆東洋 防風通聖散効能効果腹部に皮下脂肪が多く便秘がちなものの次の諸症高血圧の随伴症状(どうき・肩こ...

 《ボツボツとインフルエンザが発症中》 ※インフルエンザワクチンを過信しない☆こんな意見が新聞に載りました。◎インフルエンザワクチンを過信しない「薬をやめると病気は治る」で有名な安保徹医師談「インフルエンザワクチンが効くなんて作った人も思っていないでしょう。そもそも流...

 《寒くなると血圧は高くなります》 《血圧の変化》☆春から夏の血圧は『低め』に、秋から冬の血圧は『高め』になります☆血圧は起床時から昼にかけて『高くなり』、昼から就寝時にかけて『低くなり』ます。『魔の深夜二時』、一般的にこの時間帯に血圧が最も低くなり、過度の降圧時に『脳...

 《下肢の浮腫(むくみ)対策にも漢方薬》 ※夕方になると下肢の浮腫(むくみ)が気になれば、一度試してみたい漢方薬が『独歩顆粒』。《これが『独歩顆粒』》《配合されている生薬》《効果のポイント》《効能効果》疲れやすく、下肢が冷えやすいものの次の諸症:腰痛、関節痛、...

 《秋の深まりを感じたら、早めに『冷え症対策』をどうぞ!》 ※本格的な冬になる前に『冷え症対策』をしておきましょう。 《『冷え症対策』にも『動物性生薬配合の漢方薬』が効く》 《動物性生薬=『阿膠』配合の漢方薬=『婦宝当帰膠』》《これが『阿膠(アキョウ)』》※固形の...

 《知らないうちにテレビの音量、大きくなっていませんか?》 ※知らないうちにテレビの音量が大きくなっているのを他の方から指摘されたら『要注意』。※『長引く耳鳴り』・・・、西洋薬を三ヶ月服用しても改善しない時には『漢方薬』をお試し下さい。 《古典処方を現代に適合するように...

 《ストレスの負けて『動悸・不安感』が強くなったら》 ※こんな不快感が感じられたら『西洋薬』を飲む前に『90日程度』、漢方薬を飲んでみて下さい。 《漢方エキス剤では国内で初めての方剤》 ※『定悸飲』とは『苓桂求甘湯』に『李皮』・『呉茱萸』・『牡蠣』を加味した方剤 1日3...

 《痛み=大きなストレスとなり心身の負担大》 ※『痛み』は大きなストレスとなり心身に大きな負担となります。☆西洋薬の『鎮痛剤』、効くかも知れませんがダラダラ漫然服用していたら中毒になったり時に、主作用の影に潜んでいる副作用に負ける事があります。 《自然の恵みである『生薬...

 《めまい・貧血、大元から癒やしませんか》 ※『めまい』って多種多様な原因がありますが、女性の方は『めまい』の影に『貧血』が隠れている事があります。☆血液検査値の血液関係の値が基準値内でも『貧血』が疑われる事があります。そもそも基準値とは元気な方の平均値ですが、顔が一人一...

 《血圧の下げすぎはアブナイ! 正しい血圧管理とは》 ※多くの方は『血圧管理』をされる時に『上の血圧』と『下の血圧』に注目されますが、本当は『脈圧』と『平均血圧』でするのが正しいと思います。☆当薬局で差し上げています『血圧手帳』には『脈圧』と『平均血圧』の計算式をシールに...

 《動物性生薬はシャープな効き目が体感できる》 《中国伝統漢方薬=『至宝三鞭丸』》※日本で医薬品認定漢方薬として漢方専門薬局で販売された当初は、このような蝋皮丸でした。☆この『1丸』が1回分、飲むのではなく噛んで食べる漢方薬でした。 《至宝三鞭丸に配合されていた『動物性生...

 《骨粗鬆症改善にも漢方薬を!》 ※昔は骨粗鬆症対策の「処方せん薬」、1日1回5㎎1錠服用だったのが、最近では週に1回、35㎎1錠服用になりました。☆患者さんに言われました「ワシャ酒を呑むけれど毎日3合呑むのが楽しみだが、それを週に1回だけ7日分をまとめて一度には呑めんぞ」と。ウーン...

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤宣幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

担当佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

地図・アクセス

佐藤宣幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-11-14
facebook
Facebook

佐藤宣幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-11-14
facebook
Facebook

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ