まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

コラム

糖尿病と高血圧、薬に頼らずに治せた?

身近な健康法

2017年9月6日 / 2018年12月13日更新

《9月5日のテレビで放映》



※大食漢の人が多いお国柄とか、この女性はナンとパンなら『一斤』は間食。
『和食で痩せる事』を目標にデブチャンを三人選んで日本へ招聘。
この方、日本で健康診断したら糖尿病と高血圧とか。
そして『和食』でダイエット。
日本人なら糖尿病の薬とかインスリンホルモン注射、そして高血圧ならば降圧剤が即、処方されると思います。
どうなるのかと番組を見ていたら・・・・。
ナンと体重が減ったら、糖尿病も高血圧も改善。

《生活習慣病の改善には薬よりも、世界遺産の和食》


日本人 元気食 ごはん 味噌汁
※玄米が美味しく食べせられる方は玄米、私のように玄米が苦手な方は白米でも大丈夫。
白米と同時に『糠漬け』食べていたら。

日本人 元気食 味噌汁
※味噌汁では『血圧は上がりません、但し『具沢山の味噌汁』ならば』
血圧を上げるのは食塩という工業塩に99%含まれているナトリウム。
具沢山の味噌汁ならば具の野菜に含まれているカリウムが余分なナトリウムを尿で排泄してくれます。

※正しい味噌選び
☆『酒精』添加のは、我が家では買いません。
☆『食塩』よりは『塩』と書かれたのを買います。
自家製の味噌を造るときには当薬局で扱っている塩田の塩『3年熟成干潟天日塩』をお薦めします。

糠漬け
※漬け込むときの塩は食塩ではなく『3年熟成干潟天日塩』を使います。
☆私達に最適な『乳酸菌』は動物由来よりも『植物由来』=『糠漬け』です。
★『乳がん』の方の多くは朝食がパンという統計結果がありました。
大量生産のパンには『化学薬品』が添加
イーストとイーストフードは別なもの
シートニング・マーガリンは別名『ブラスチックオイル』と呼ばれています。
パンを買うときには成分表示を確認して下さい。
時に私がパンを買うときはJR髙松駅前にある『ホテルクレメント』の1階にあるケーキ屋さん。
ここのパンの成分表を見たら納得できるはず。

3年熟成干潟天日塩
※これが『3年熟成干潟天日塩』です。

※糖尿病の方、食パンのGI値(グリセミックインデックス)って『チョコレートと同じ』って御存知ですか?
元気の気=『氣』、そうです、日本人の元気食は体を冷やす性質の小麦よりは《平性(温めず冷やさない食性)》の米。
『ご飯・味噌汁・糠漬け』が健康長寿の秘訣の和食の基本。

《和食だけで体重が減らないときは生薬エキス》

※食後に即、食べた脂の代謝促進の「お湯割り」で飲む生薬エキス=漢方専門薬局で推奨している生薬エキス
※空腹時に、既に付着している脂を落とすと言われている生薬エキス

詳しくは当薬局の薬剤師陣にお訊き下さい。

この記事を書いたプロ

佐藤宣幸

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤宣幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-12-14
facebook
Facebook

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ