まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ群馬
芝原晶子

工業系・技術系企業の海外向け事業を支える英語翻訳者

芝原晶子(しばはらあきこ)

AST Translation Service

コラム

通訳のお仕事の種類①アテンド通訳

通訳

2017年6月12日 / 2018年2月27日更新

通訳のお仕事は大きく分けて3種類あります。

皆さんがよくご存知なのは、テレビのニュースや記者会見、大きな国際会議、皇室や王室の方々から首相や政府高官の方々のお側に付いて、スピーカーの言葉をほぼ同時に通訳する「同時通訳」。

講演会やセミナー、社内会議、展示会、または商談に同行して、スピーカーが内容を細切れで話して、それを通訳する「逐次(ちくじ)通訳」。もちろん、お客様のご要望によって「同時通訳」の場合もあります。

そして、海外から来日した方を空港までお迎えに行き、目的地までお側に付いて同行したり、車の手配をしたり、複数の会議に出席される方に同行した場合は、お食事の手配をしたり、最後はホテルまでお送りする「アテンド通訳」。
このアテンド通訳は、通訳のお仕事の入門編と言われています。

通訳の種類によって、それぞれ必要なスキルが異なります。
共通して必要なスキルは、外国語だけではなく【日本語の語学力】です。
他には【日本と海外のビジネスマナー】も身に付けなければなりません。
単に「外国語ができる」というだけでは、本当の意味での「通訳」は務まりません。
これらのスキルを身に付けるために、仕事がない時も通訳者は日々勉強しています。

さて、アテンド通訳ですが、「アテンド=接待する」という意味だけあり、こちらはかなり高いコミュニケーションスキル、一般常識や時事問題など幅広い知識、そしておもてなし精神が必要になります。
移動がスムーズにできるように配慮すること、移動中の車内での会話、好みのお食事の用意等、専門用語を知らなくてもできる通訳のお仕事です。
それ故に「入門編」と言われていますが、私は「知的肉体労働」だと思っています。
移動にすべて同行し、すべて滞りなく移動するよう手配するのは、体力と神経を大変消耗するからです。

私も外資系企業の秘書をしていた時にアテンド通訳をしましたが、一番大変で苦労しました。しかし、吸収することが一番多いのもアテンド通訳です。実際にやってみると非常に楽しいです。なにより、世界中で活躍しているビジネスパーソンとお会いできる、滅多にないチャンス!そう思うと、とても貴重な経験をさせていただけますね。

この記事を書いたプロ

芝原晶子

芝原晶子(しばはらあきこ)

芝原晶子プロのその他のコンテンツ

Share

芝原晶子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-7085-8308

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芝原晶子

AST Translation Service

担当芝原晶子(しばはらあきこ)

地図・アクセス

芝原晶子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

芝原晶子のソーシャルメディア

facebook
Facebook