まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

「ル・コルビュジェ」写真展:「早稲田大学会津八一記念博物館」

旬の話題

2015年7月27日 / 2018年8月27日更新

 「20世紀最大の建築家」と言われ、「世界文化遺産」登録を目指している「国立西洋美術館本館」を設計した「ル・コルビュジエ」(1887年~1965年)が撮影した写真約350点が「早稲田大学会津八一記念博物館」(東京都新宿区)で公開中です。  
 「コルビュジエ」の写真だけを集めた展覧会は世界で初めてといいます。
 1936年~1938年に撮影した「ブラジル」や「アルジェリア」の風景/貝殻や樹木、母親のために設計した小住宅などの白黒写真が展示されています。 
 家族や愛犬を被写体にしたものや着用した眼鏡も並び、撮影した映像を編集した動画も上映されているといいます。
 写真は映像用の16ミリカメラで撮影され、フィルムがケースに入った状態で「ル・コルビュジエ財団」(パリ)が保管していたものです。
 財団はデジタルデータ化を進め、2012年に「パリ」で開かれた展覧会に約20点が出展され、写真の存在を知った「早大ル・コルビュジエ実測調査研究会」顧問の白石哲雄さんが「日本」での公開を依頼したそうです。
  「コルビュジエ」は「スイス」で生まれ、「モダニズム建築理論」を築き、「サボア邸」「ロンシャンの礼拝堂」(フランス)などの名建築を設計しています。








(讀賣新聞2015.07.23)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+