まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

高塚哲治プロのコラム一覧:住宅(つくる、かう)

 「パナソニック ホームエレベーター株式会社」は、最長サイズとなるルーム内奥行き1,500mm の個人住宅用「ホームエレベーター」(「1418フォレストV」大型3人乗りタイプ)を発売するといいます。 この製品は、初めて「ホームエレベーター」の規制緩和に対応させて床面積を広くしたためで、利...

 5%以上の成長を続ける「東南アジア」。 生活水準が向上するにつれ、徐々にその内容が変化し、最近は「住宅産業」の進出が活発化しています。 「パナホーム」は、「マレーシア」(「クアラルンプール」)で建設していた戸建住宅試作棟(東南アジア仕様)が2013年3月に竣工し、「マレーシア」...

 「住宅用火災警報器」(住警器)の新築物件への設置が全国的に義務付けられてから、2016年6月で丸10年を迎えました。 それ以前に建てられた物件も、2011年5月末の設置義務付けから、5年以上が経過しています。 「住宅用火災警報器」(住警器)は、設置から10年程度が「寿命」です。業界団...

 「国土交通省」は、2013年の新設住宅着工戸数が前年比11%増の98万25戸だったと発表しました。増加は4年連続です。 景況感の改善に加え、住宅ローン金利の低さや建築資材の先高観が個人の住宅購入意欲を喚起した模様です。今年4月の消費増税をにらみ、早めに住宅を買おうとする動きも広がったよ...

 「持ち家」取得が困難になり、所得が減ったことから「住宅ローン」の頭金を少しか準備できず、大型借り入れに踏み切った世帯が増えています。 また、「低家賃住宅」が乏しいため、若い世代では親の家から出られない人たちが増え、急増した「非正規労働者」は加齢に伴い雇用と住居を失う可能性も...

 2012年度の「国土交通白書」が発表されました。「白書」によると、賃金上昇率の伸び悩みや、「非正規雇用」の増加などの影響により、1983年から2008年の25年間で、40歳未満の若者の「持ち家比率」が42.2%から28.4%へと約14ポイント下がっています。 「住宅ローン」を組めない、払えない世帯が増...

 アメリカの大都市圏で「マイクロ・ハウジング」と呼ばれる狭い住宅が普及してきたようです。背景には、都市部の家賃高騰や単身世帯の増加、環境意識の高まりなどがあるとのこと。大きな家を好むとされるアメリカ人も、「小さく住む」ことのメリットを感じ始めているようです。 「ボストン」は、...

 通常、住宅を「つくる」「かう」という行動(住まうという日常性を求める行動)は、「非日常的な行動」であると認識すべきです。多くの人たちは住宅を「つくる」「かう」のプロセスを経験したことがないため、なにから始めたら良いのわからず、いきなり「ハウスメーカー」の住宅展示場の見学や、...

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share