まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

高塚哲治プロのご紹介

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

100%施主側に立ったCM(コンストラクションマネジメント)方式を遂行したい

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつかは独立したかった。CM(コンストラクション・マネジメント)を日本に根付かせたいという思いが強かったのです」と高塚さんは話し始めました。

 CM方式は、アメリカでは随分前からありますが、日本では約25年前に紹介されました。家を一軒建てるのに多くの人が関わります。プロセス中のどこかに欠陥や不都合があると、施主(発注者)が思っているものができません。「時代とともにプロセスも変遷し、関わる人も増えたため、どこかで欠陥が出るようになったのです」と高塚さんは言います。
そうしたリスクの多くは施主にあるので、その辺りを事前に施主の意見を聞き、できるだけリスクの少ない方法・プロセスを提案し実行する。これがCMの仕事です。

 CMの目的は「建設事業の複雑さに起因する『隠れた大きな損失』から施主を守る」こと。役割は①施主の業務を代行する②スケジュール・品質・コストの管理を一元化し、透明性・客観性をもたせる③工事の発注には基本的に金額にとどまらず競争原理を導入するなどの緊張感を与える④建設事業を維持管理まで含めたものと考える――と「100%施主側に立った」マネジメントを実行しています。

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+