まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

高塚哲治プロのコラム一覧:名建築/迷建築

 「大浦天主堂」は、2018年6月の「世界遺産」登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の中心的存在で、1864年に完成した現存する国内最古の国宝に指定されている「教会」です。 新設される「キリシタン博物館」は、敷地内にある「旧羅典神学校」と「旧長崎大司教館」...

 1937年に建てられた「日本橋」(大阪)の「高島屋東別館」に、「ホテル」が開業します。 「シンガポール」の不動産大手「キャピタランド」傘下の「アスコット」がテナントに入り、2019年冬に客室数300室以上の滞在型「ホテル」となる「シタディーン」を開き、インバウンド(訪日外国人)の需要...

 戦前に創業した日本の「ホテ」ルで、建物が維持(改修、復元も含む)され、「文化財」や「産業遺産」などの指定を受けている9つの「クラシックホテル」が連携し、2017年11月9日に「日本クラシックホテルの会」が設立されました。 「日本クラシックホテルの会」は、日本の「ホテル」文化の豊か...

 「世界文化遺産」に登録されている岐阜県白川村の「白川郷合掌造り集落」が、1月21日に「ライトアップ」されました。雪が舞う中、夕暮れとともにオレンジ色の柔らかな照明に「かやぶき屋根」が浮かび上がり、幻想的な光景が広がったといいます。 「白川郷合掌造り集落」が見渡せる「展望台」...

 今回は、「マジョリカハウス」です。 「ウィーン」は、建築的に多彩で見所が多い町です。その中でも、近代建築を開いた建築家「オットー・ワーグナー」の建築物は、今でも使用され続けています。 「オットー・ワーグナー」は、「クリムト」などと同世代で、「ユーゲントシュティル様式」(...

 今回は、「クンストハウス ウィーン」です。 「ウィーン幻想派」の画家でもあった建築家「フンデルトヴァッサー」の設計による美術館で、絵画を中心に展示されています。 展示物から空間に至るすべてが「フンデルトヴァッサー」の作品で、「レストラン/カフェ」も併設されています。 「...

 昨年末、「ウィーン」(「オーストリア」)訪問時の建築物を紹介します。今回は、「美術史博物館」です。 「美術史博物館」の建築様式は「ネオ・ルネサンス様式」で、建築物は主に3フロアから構成されています。 中間階(1階)には「絵画」が展示され、1階の下に位置する0.5階には「古代エ...

 今回は、「ハンガリー国立歌劇場(マジャル アーッラミ オペラハーズ)」です。 「ハンガリー国立歌劇場(マジャル アーッラミ オペラハーズ)」は、1884年に完成した「ネオルネサンス様式」の傑作です。 「ウィーン」の「オペラハウス」の影響を受けた「イブル・ミクローシュ」によって設計...

 今回は、「地下鉄1号線(M1)」です。 現在、「ブダペスト」の地下鉄は4号線まであり、1号線は黄色、2号線は赤、3号線は青、4号線は緑と色分けがされています。 この中で、世界遺産に登録されているのが、シンボルカラーが黄色の「地下鉄1号線(M1)」です。 1896年5月2日にハンガリー建国...

 今回は、「聖イシュトヴァーン大聖堂」です。 「聖イシュトヴァーン大聖堂」は、1905年に建てられた「カトリック教会」の大聖堂で、「ブダペスト」では「国会議事堂」と並ぶ最も高い建造物で、高さは96mあります。 元々は、「ハンガリー人」の祖先である「マジャール人」が、この地へたど...

 今回は、「マーチャーシュ教会」です。 「旧ブダ地区」に位置する「マーチャーシュ教会」。 “マーチャーシュ”というのは通称で、正式名称は「聖母マリア教会」といい、「後期ゴシック様式」の華麗な教会です。  しかし、「マーチャーシュ教会」が辿ってきた歴史は複雑で、1015年に「聖...

 昨年末、「ブダペスト」(「ハンガリー」)訪問時の建築物を紹介します。今回は、「国会議事堂」です。 「国会議事堂」が位置する「ブダペスト」の「ドナウ河岸」と「ブダ城地区」および「アンドラーシ通り」は、「ユネスコ」の「世界文化遺産」に指定されている大変美しい地区です。 その...

 「鹿鳴館」などを設計した外国人建築家「ジョサイア・コンドル」の弟子「片山東熊」が設計を手がけた、日本で唯一の「ネオ・バロック様式」の西洋風宮殿建築である「迎賓館」(元赤坂)で、若手研究者によるガイドツアーが開始されるようです。必見です。【写真は、「内閣府」ホームページから...

 110年前に建てられ、国の登録有形文化財である南海本線「浜寺公園駅旧駅舎」を、建物ごと近くの広場まで約30m移動させる「曳家工事」が始っています。 1907年に完成した洋風木造の旧駅舎は、「東京駅」などを手掛けた建築家「辰野金吾」の事務所が設計した「駅舎」で、駅周辺の高架化に伴い昨...

 世界遺産である「平等院」(京都府宇治市)で、「鳳凰堂」をライトアップした夜間特別拝観が18日から始まりました。 3年前に「鳳凰堂」の大規模修理が終了しましたが、夜間の一般向け公開は今回が初めてといいます。 17日の夜には、地域の関係者に向けた先行公開があり、5分間隔で明暗が変...

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+