まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

土地の購入 地盤の情報を自分で収集する方法!

私の不動産コンサルタントに対する想い。

2018年6月11日 / 2018年9月13日更新

地盤の情報


Q:自分で地盤の情報収集は出来ますか?

A:ある程度の情報収集は可能だと思います。

地盤の状態を知るには、あらかじめそれらの情報を自分で収集してみるというのもひとつの方法だと思います。
軟弱地盤の可能性の高い土地としては、河川や海の近くなどの低い土地、砂質地盤や埋立地、過去に水害の多い地域や傾斜地における盛土部分、かつての川や沼のあと地などが挙げられます。

また、土地の地名に沼、谷、窪、沢、田、池などといった水に関連した文字が含まれている場合には注意が必要となります。(地名の由来を調べると、なるほど!と納得することがよくあります)

現在では、ウェブサイトでもそれらに関する情報を得ることができ、国土交通省ハザードマップポータルサイトでもそれらに関する情報を得ることができます。

国土交通省ハザードマップポータルサイトには、自然災害から身を守るためのハザードマップが掲載されており、対象となる土地がどのような危険性を持っているか、事前にある程度情報収集することが可能となります。


●また、地質調査会社の中には、土地の地盤がどのような状況であるか、ウェブ上で情報を公開し、非常にわかりやすく図示しているものもあります。

あくまでも参考情報となりますが、自分で地盤の情報を収集してみるのも有意義なことだと思います。

ただし、単一の情報から地盤の状態を見極めることは難しく、様々な調査を併用することによって、より正確な地盤情報を得ることが可能となります。



○営業時間 平日9:00~17:00 土曜日9:00~1300  日曜・祝日は定休日です。
○随時、不動産相談の受付をしています。
○電話相談も受付しています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share