まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

1 会社法制定の理由

会社関係法

2018年5月21日 / 2018年5月22日更新

1 新会社法の制定の理由
平成17年に単行法としては、初めて「会社法」が制定された。
その理由は、多岐にわたるが、①旧商法がカタカナの文語体で記載されていたので、読みやすい平仮名の口語体にするため、②過去の「商法」第二編で規定された条文が、その後何度も議員立法による改正により整合性がとれなくなっていたこと、また、③枝条文が増えたこと(旧商法280条は、枝条文が39にも増えていた)、④「商法」以外にも「商法特例法」があり会社法といえる法律が複数の法律を見ないと分からなくなっていたこと、⑤社会経済情勢の急激な変化に対応するためそれまでの各種制度の見直しも必要になってきたことなどである(詳細は、江頭憲治郎「新会社の制定の意義」ジュリスト1295号2頁)。
 
では、新たに制定された単行法である「会社法」は、これら①から⑤までの問題点をすべて解決したかというとそうでもない。③の枝条文はなくなったが、今度はやたら、①条文のセンテンスが長く、カッコだらけになり、②条文の数も旧商法会社編(52条~499条)から倍以上(1条~979条)になった。結局、会社法が一般の企業人が読んで分かりやすくなったかというと、かなり疑問符がつく。
 

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ