まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

公用文の書き方 9 漢字で書くか平仮名で書くかの具体論は,まずは常用漢字表を見るべし

公用文用語

2014年9月10日 / 2014年9月12日更新

 言葉を,漢字で書くか平仮名で書くかは,「常用漢字表」(内閣告示第2号)が教えてくれています。すなわち,常用漢字表は,本表で,字種2、136字を掲げ,音訓(2352の音字・2036の訓字)及び語例を示していますが,この音訓表の本表に「読み」が掲げられていない漢字は,その「読み」では,書くことができません(少なくとも公用文では)。その場合は,平仮名で書かなければならないのです。

 具体例を挙げてみます。ここで×印をつけた字句は,使えません。その理由は括弧書にしています。正しくは,平仮名で書くことになります。

× 予め → ○あらかじめ
(理由)常用漢字表の「予」の読みは音字の「ヨ」しかなく,訓字は掲げられていない。したがって,当然「あらかじめ」という「読み」はない。

× 未だに → ○いまだに
(理由)常用漢字表の「未」の音訓欄には音字の「ミ」しかなく,訓字はない。したがって,「いまだに」という「読み」はない。

× 概ね → ○おおむね
(理由)常用漢字表の「概」の読みは音字の「ガイ」しかなく,訓字は掲げられていない。したがって,「おおむね」という「読み」はできない。

「とどめる」と読む場合は,
× 留める ×止める → とどめる
「とめる」と読む場合は,
○ 留める ○止める
(理由)常用漢字表の「留」の訓読みは「とめる」と「とまる」であり,「とどめる」はない。常用漢字表の「止」の訓読みも「とめる」と「とまる」であり,「とどめる」はない。
「留める」「止める」を「とめる」と読む場合は,「留める」「止める」と書くことになるが,「とどめる」と読む場合は,平仮名で「とどめる」と書くほかはない。

なお,常用漢字表では,「留」には,音字に「リュウ」と「ル」の2つがあります。前者の用例として「留意」「留学」「保留」が,後者の用例として「留守」が掲げられています。しかし「留」には「とどまる」という訓字はないため,「留学」と書かず「学校にとどまった」と書くときの「とどまる」は,平仮名で書かねばなりません。

 以上は,常用漢字表搭載の漢字に「読み」が書かれていない場合の例ですが,反対に,音訓表に「読み」が掲げられている漢字は,名詞,動詞,形容詞の場合,原則として,平仮名で書くことはできません(少なくとも,公用文では)。ただし,それは,漢字が,原則として,名詞,形容詞,動詞,副詞として用いられる場合に限ります。漢字を,形式名詞,補助動詞,補助形容詞,助詞,助動詞として用いることはできません。この場合は,平仮名で書かなければなりません。詳しくは,別のコラムに書いてきたとおりです。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ