まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

間違えやすい法令用語  又は・若しくは

法令用語

2013年10月29日

連結が1つ  複数の連結の場合
又は〇 一番大きい段階の接続
若しくは× それより下の段階の接続

これらの言葉もすべて法令用語です。
「又は」と「若しくは」は、複数の言葉を選択的に結びつける接続詞です。

ア)「又は」は一番大きい段階の接続に使われ、
「若しくは」はそれより小さい段階の接続に使われます。
例えば、「医師、薬剤師若しくは弁護士又はこれらの職にあった者」という場合、
現役グループ内という小さい段階では「若しくは」で結び、
現役グループと退職者グループという大きい段階を結ぶ場合は「又は」を使います。

「第3条第1項若しくは第5項又は第4条第2項若しくは第3項」も同じです。

条文の例をいいますと、民法548条「解除権を有する者が自己の行為若しくは過失によって契約の目的物を著しく損傷し、若しくは返還することができなくなったとき、又は加工若しくは改造によってこれを他の種類の物に変えたときは、解除権は、消滅する。」があります。



イ) 接続の段階が1つしかない場合は「又は」を使います。
「A又はB」がその例です。
決して同一の条文の中に「又は」が書かれていないのに、「若しくは」を使うことはありません。

条文の例をいいますと、民法6条「一種又は数種の営業を許された未成年者は、その営業に関しては、成年者と同一の行為能力を有する。」があります。

ウ)同じ段階の中で3つ以上の言葉を並べるときは「、」で結び、
一番最後を「又は」か「若しくは」で結びます。
例えば、「第3条第1項、第2項、第5項又は第8項」です。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ