まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

使用者のための労働問題 12 労働審判は便利②

労働

2013年1月20日

2労働者の能力不足による解雇事件という紛争類型
会社が、専門的知識と経験を買って、労働者を中途採用したが、その労働者の知識や能力が、会社の期待した程度に達していなかったため、使い物にならない。そこで、退職を勧奨して退職してもらった、という話は、ときに聞くことのある話ですが、退職勧奨に応じてくれなかったから解雇した、あるいは、退職勧奨をしないで、いきなり解雇した、という話も聞きます。

 後者の場合、つまり、労働者の能力不足を理由として解雇した場合、会社には、労働者から、解雇無効を原因とする訴訟を起こされるリスクが発生します。

 実際、私は、そのような訴訟の被告代理人になったことが何度かありますが、会社がする労働者の解雇については、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」(労働契約法16条)という解雇権の濫用法理がある上、解雇するには、それなりの適正手続を踏まねばならないのに、その手続を踏まないで解雇しているケースも多くあり、会社が、解雇無効訴訟で、勝訴をするには、幾多の困難を伴います。

 そのような解雇無効を原因とする訴訟が長引き、会社が敗訴すると、会社は、訴訟中の未払い賃金を全額支払わなければならず(審理期間が長いと結構高額になる)、また、能力や適正のない、したがって、その会社には与える仕事のない労働者を、従業員として雇用し続けなければならないことになりますので、事案にもよりますが、労働者の能力不足を理由とする解雇事件は、できることなら、お金で解決するのに、ふさわしい事件ということができます。

 これも、事案によりますが、労働者側代理人である弁護士の中にも、労働者に会社が求める能力がないケースでは、訴訟で勝訴して職場に帰ったからといって、仕事が出来るわけではなく、回りの労働者からは白眼視されるなど、精神的にも勤務が厳しくなるのであるから、解雇無効裁判では、職場復帰よりは、解決金の支払いを受けて退職する解決方法の方がベターだと考える弁護士もいます。

 使用者側、労働者側の弁護士が、ともに、金銭による解決を志向する場合、和解や調停による解決の可能性がでてくるのですが、しかしながら、その場合、金額を巡っては、相当の開きが出、弁護士同士の話し合いでは、容易なことには、合意に達することはできません。
 
 このような訴訟事件では、裁判所が、熱心に、和解の成立に向けて、努力し、多くの場合、和解で解決するのですが、このような事件が、訴訟ではなく、労働審判事件である場合は、①解決までの期間が、訴訟に比べ格段に短いこと(したがって、審理中の未払い賃金が訴訟に比べ少額で済む)、②労働審判委員会が、強権的に、具体的な解決金を決める審判を一方的に下しうる(裁判所の判断と言うことで、当事者は納得しやすい)という点で、会社には、そして、おそらくは労働者にとっても、有利な解決になると思われます。

 なお、労働審判事件では、申立事件の7割が、労働審判委員会の調停で解決していますが、これは、委員会の説得力と、調停が成立しない場合、労働審判委員会が、調停案と同じ審判をするであろうという予見可能性が、当事者双方に、あるからだと思われます。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ