まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

大切にしたいもの 18 模倣

大切にしたいもの

2012年5月28日 / 2016年3月15日更新

1 意味
模倣とは、すでにあるものをまね習うこと、ここでは、人まねをすることの意味で書いています。
人は、人のまねをすることで、知識や技術を学び、技量を向上させ、ひいては、それがその時代の文化の進歩、発展に寄与しますので、人まねは、決して悪いものではなく、むしろ積極的に推奨すべきことなのです。
書を学ぶには、書家の揮毫したものを見、これを手本に文字を書くのが通例でしょう。
模倣なしには、書は上達しないこと一事をとっても、模倣の重要性は理解できると思います。

2 文章の模倣
18世紀の歴史家エドワード・ギボンが著した「ローマ帝国衰亡史」に書かれた文章は、歴史上、多くの著名人が、模倣したとされています。ギボンの文章は、インドの初代首相ジャワハルラール・ネールの筆を借りると、「流れるような旋律を持った文章」であり、哲学者バートランド・ラッセルに言わせると、まさに「芸術」です。また、英国首相ウイルストン・チャーチルは、この文章を模倣して学び、後、ノーベル文学賞を受賞した「第二次世界大戦回顧録」を書いたと言われているほどです。
私など、中野好夫の邦訳で読んだだけですが、その豊富な語彙、豊かな表現力、吸い込まれるような論理、圧倒される説得力、美そのものと言って良い流麗な筆致に、ただ陶然と酔ってしまうほどの感銘を受けたものです。

3 模倣をしない人
模倣は、文化的・社会的に重要な意義をもつ、とは広辞苑に書かれた言葉です。
仮に、先人の事蹟を、なんら模倣もしたことはない、という生き方をしてきた人がいるとすれば、おそらく、その人は、模倣をし、学び、知識を、技量を、智恵を、重ねてきた人との間に、大きな差がついているのではないか、と思います。
人まねである模様。大いに実行し、かつ、奨励すべきことと思います。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ