まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

大切にしたいもの いたわり

大切にしたいもの

2014年3月25日

離婚事件が跡を絶ちません。
新婚直後の離婚があり,婚姻10年前後の離婚があり,20年前後の離婚があり,子育ての終わった熟年離婚があり,はては,80才を過ぎての離婚まである,という始末です。
この離婚の大きな原因の1つに,“言葉の荒れ”“言葉の暴力”があるように思います。
夫が妻を責める言葉,妻が夫を責める言葉。
それが日常の言葉になっていくときは,もう破綻しかありません。

人は,簡単に怒り,簡単に責める。
ここには,感情でしか思考のできない幼児性が見られます。
「責めることはできて労ることの出来ないのが人間の悲しさ」と,山岡荘八は言います。
この人間の悲しさは,意識的に,知恵と理性と人間としての成熟で乗り越えねばなりません。
その知恵を言葉にするのです。
それは,労り(いたわり)の言葉です。
責めたいと思ったとき,まず労りの言葉を使ってみるのです。
「お前には,苦労をかけているなあ。」でも,「今日は疲れただろう。」でも,「ご苦労さん!」でも,何でもいいんです。
それが,日常の言葉に出てくると,人は変わります。
おそらく離婚が急減に減っていくような気がします。

今日も,熟年を過ぎた人からの離婚相談を受けました。
意識し,努力し,相手をいたわる言葉かけが求められる人でした。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ