マイベストプロ長崎

コラム

マウンティングしてくる夫の特徴と、対応策

2022年6月22日

テーマ:夫婦関係の悩み

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

コラムキーワード: 夫婦問題 相談会話術メンタルヘルス 対策

●夫がマウンティングしてくるタイプだと・・・


夫との関係が対等ではないことに
モヤモヤすること、ありませんか?

たとえば、夫にマウンティングされがちな関係です。

特に、夫が強気なタイプだったり
弁が立つ人だと

話し合いをしていても、
いつのまにか言いくるめられたり

一方的に非難されるばかりで

最後は、自分がダメな人間のように
感じさせられたり・・・

そうすると、だんだん
言いたいことが言えなくなってしまうものです。

だって、うっかり何か言ってしまったがために
10倍にして返されるのは怖いですから。



●マウンティングする人の心の中は?


相手に対して
マウントをとりがちな人は

本当は、
自分に自信がない人が多いものです。

だって、ちゃんと自分に自信があれば、

わざわざ相手を貶めたり、
自分を上に見せたりしなくても

ふつうに、冷静に
言いたいことを伝えることができますから。

相手のことを尊重しても
自分の価値が損なわれることはない、
と知っていれば

相手を下に位置付けて
マウントを取る必要はないわけです。

つまり、マウントを取る人は、

相手を貶めていないと、
自分なんかの言うことは聞いてもらえない、とか

自分の価値が感じられなくて
不安でしょうがない、ということです。



●パターンを変える


とは言うものの

相手に
「あなたは本当は自分に自信がないのよね」

なんて言っちゃったら
それこを30倍くらいにして
言い返されてしまいそうです^^;

では、どうするか、ということですが

「マウントする側、マウントされる側」
という関係性のパターンを変えていきます。

簡単に言うと、
マウントする側が「親」の立場だとすると

マウントされる側は
「子ども」の立場になってるんですよね。

親と子はセットになりがちなので、
片方が子どもの立場になると

相手は自動的に
親の立場になっちゃうんです。

もちろん、逆もあります。

相手が親の立場で
厳しくガンガン言ってくると

こちらは「こわい」「逃げたい」という思いから
ついつい子どもの立場になっちゃいます。

つまり、マウンティングされてるときは
親子のような関係性のパターンができているので

そのパターンを崩すことで
マウントの関係性も変わる、ということです。



●「大人」の立場で答えてみる


たとえば、マウントされる側は
子どもの立場で

「ごめんなさい、怖いよー」
という心や態度でいることが多いです。

なので、子どもではなく

イメージとしては
仕事の場面での冷静な「大人」の心と態度で
対応してみる、というのがオススメです。

たとえば、

「つまり、それはどういうこと?」
「あなたはそう思うんだね」
「私は、こう思うんだけど、どう?」

みたいな感じです。

こんなふうに、
今までとは違う対応をすると
相手はびっくりすると思いますが

それこそが狙いです。

コミュニケーションは、
片方が関わり方を変えると
相手の反応が確実に変わります。

こうして、
よくないパターンを続けないこと。

とにかく、変化を起こすこと。

これが大事なんですね。



●どうしても相手が怖いときの対策2選


それでも、どうしても相手が怖くて
頭が真っ白になったときの対策を2つ、お伝えします。

(1)5歳児がなんか言ってる、と考える

どうしても怖いな、と思ってしまうときは

相手が夫ではなく

「自分に自信がない5歳児が
一生懸命強がって訴えてる」

と考えてみましょう。

「怖い」というよりも

「かわいそうに、よしよし・・・」
「頑張ってるなあ」

という、やさしい気持ちすら
湧いてくるかもしれません。



(2)話を打ち切る

ただ、あまりにも
相手が怖くて、頭が真っ白になっちゃって

何も言えなくなることも
あるかもしれません。

そんなときに
「ごめんなさい」になっちゃうと

また今までのパターンに戻っちゃうので

「今、怖くなって話せないから
今日はもう終わろう」

「また今度、冷静なときに話そうね」など

頭が真っ白になった、という事実を伝えて
話し合いを終了する、

ということも
パターンを変える方法の一つです。



●マウントしない、されない関係性をつくる


マウントされない、
マウントしない関係性に変えて

これから先の夫婦関係を
対等な話し合いができる、

そして、お互いに尊重しあえる関係になるよう、
ぜひ変えてみてくださいね。

うちの夫はなかなか手強くて自信がない・・・

という方は、
こちらで一緒に対策をねりましょう。

夫婦のコミュニケーションを
良好にするための会話のヒントは

こちらでもたっぷりお伝えしています。

-----

カウンセラー:松尾 聡子

◆ホームページ
https://www.leport-n.com/

◆ブログ
http://ameblo.jp/fsd-counseling/
http://ameblo.jp/leport-nagasaki/

この記事を書いたプロ

松尾聡子

夫婦関係のカウンセリングのプロ

松尾聡子(Le Port(ル・ポール))

Share

関連するコラム

松尾聡子プロのコンテンツ