まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
饗庭多嘉男

住み心地を高める建築のプロ

饗庭多嘉男(あいばたかお)

有限会社アイバ工務店

コラム

クローゼットリフォーム:洋服を選びやすい環境に整える

リフォーム

2015年12月6日

クローゼットの2つのタイプ

収納スペースが足りないことは、よくリフォームの動機となります。どこのご家庭でも増え続ける衣類の収納は、悩みのタネではないでしょうか。

それを解消するのがクローゼットの設置です。クローゼットには壁面に取り付けるタイプと、小部屋になったウォークインクローゼットがあります。

クローゼットを取り付けるとタンスをおかなくていいので、よけいな出っ張りがなく、部屋がスッキリして見えます。また一カ所に服を収納できるので、衣替えの手間も省けて便利です。

クローゼット内部は選びやすさを念頭に

壁面タイプのクローゼットは、通常ハンガーパイプを取り付け、洋服を一列に並べて収納します。効率良くたくさんの服を収納できるうえに、選びやすい点が最大の魅力です。

天井に近い部分にも固定棚を設け、収納スペースを作ることできます。洋服の下も、引き出しケースや衣装ケースを置いて、活用することができます。

注意するポイントは扉の開き方です。観音開きは場所をとり、開いたときにクローゼット内部に死角ができるので、それよりは「折れ戸」や「引き戸」をおすすめします。扉が邪魔にならず、全体を見渡すことができます。

ウォークインクローゼットは、小部屋になっているので、壁面タイプに比べて多機能に使えます。家具を置くこともできますし、布団など、かさばるものの収納も可能です。
「吊るす」「置く」「たたむ」収納を、衣類に合わせて使い分けますが、見える収納を心がけると選びやすくなります。

ハンガーパイプは服の丈に合わせて上下2段にすると、収納力も選びやすさも向上します。
壁面にオープン棚を設けるのも良いでしょう。

姿見を置いてクローゼットの中で着替えをしたり、鏡台を置いてパウダールームとして利用したり、多機能に使いたい方にはウォークインタイプをおすすめします。

家族の衣類を集中収納するメリット

各自の服を各部屋で保管するのではなく、一カ所にまとめて収納するのも一つの方法です。大きめのウォークインクローゼットに、出入口を2つ設け、通り抜けできるようにすると、より便利になります。夫婦の寝室と子供部屋の間、寝室と物干しの間などに設けると、洗濯物を取り込む、配る、家族の服を管理する、などが便利になります。

どのタイプのクローゼットにするかは、収納したい衣類の量にもよりますが、リフォームの場合、どこにどれだけのスペースが取れるによってもプランは変わってきます。
ご自分の家に最適な収納プランを、専門家を交えてよく検討しましょう。

この記事を書いたプロ

饗庭多嘉男

饗庭多嘉男(あいばたかお)

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ

Share

饗庭多嘉男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-575-3633

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

饗庭多嘉男

有限会社アイバ工務店

担当饗庭多嘉男(あいばたかお)

地図・アクセス

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ