まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
饗庭多嘉男

住み心地を高める建築のプロ

饗庭多嘉男(あいばたかお)

有限会社アイバ工務店

饗庭多嘉男プロのコラム一覧:こだわりの趣味と住宅設計

 専用タイプのリフォームで配慮するポイント 洗面所は洗面、洗髪、洗濯、脱衣など多目的に使われる空間です。使用目的や収納したいものをはっきりさせてから、リフォーム計画を立てることをおすすめします。洗面所のタイプは大きくわけて専用タイプと兼用タイプがあります。専用タイプ...

 毎日使うトイレを快適な空間に 滞在時間は短いけれど毎日使うトイレは、暮らしの豊かさを左右する重要なポイントでもあります。リフォームを機会に、快適な空間に生まれ変わらせませんか。トイレは、設備面での交換時期は10年~20年ほどの間ですが、リフォームの理由は耐久性ばかりではな...

 内と外をつなげる工夫を 玄関は内と外の境界であり、家の顔でもあります。玄関を見ると、我が家に帰ってきたという安堵が湧いてくる方もおられるでしょう。また訪問者にとっては、家の第一印象を左右する空間。だからこそ、自分にとっても、お客さまにとっても、快適でセンスの良さを感じさせ...

 アクアリストのための水槽が置ける家づくり 熱帯魚と水草が織りなす世界を、家の中で楽しめるアクアリウムは、さながら小さな水族館。自分のイメージを水槽の中に再現し、それを眺めて暮らすのは最高のぜいたくです。しかし、ベテランのアクアリストともなると、扱う水槽は大型になり、複...

 階段次第で暮らし方が変わる 昔の日本家屋の階段は暗くて急勾配で、怖いイメージでした。それにくらべると現代の階段は、上り下りも楽になり、採光の役割を持つなど明るい階段が多くなりました。階段は上下階をつなぐ通路ですが、それ以上の意味を持たせることができます。たとえば、...

 家づくりにおいては、女性が主導権を握る? 一般的に家づくりにおいては、比較的家にいる時間が長い女性が主導権を握る場合が多いようです。男性はというと、奥さんや子どもが「快適に過ごせるように」という思いからか、「妻に任せています」という場合がほとんどのように思います。住ま...

 窓からの眺望を楽しみたい方に 季節の移り変わりを、窓の景色から感じとることは多いでしょう。窓からの景色は生活にうるおいを与え、暮らす人に安らぎを与えてくれます。郊外や高台など、眺めの良い立地に家を建てる場合、一面をガラス張りにしたいというご要望がよくあります。高台は昼...

 新築を機に夢のシアタールームを 家にホームシアターを設置して、カラオケを楽しんだり、大画面で映画を見たりできることは、たいへん贅沢な楽しみのひとつです。そのためにはまず専用の部屋、シアタールームづくりからはじめます。シアタールームはリビングと一体化するケースもあります...

 ガレージと工房を兼ねたビルトインガレージの魅力 車、バイク、自転車、DIYのための工具類など、好きな物に囲まれて、趣味を満喫できる空間、それがビルトインガレージです。ビルトインガレージとは、その名の通り、住居の中に設置した車庫のことです。1階を利用してオープンな駐車場に...

 現代のキッチンはコミュニケーションの場 ひと昔前まではキッチンは裏方であり、家の北側に配置されることが多かったのですが、現代のキッチンは、リビングやダイニングとつながった開放的なスタイルが増えています。家族やお客さまとのコミュニケーションがとりやすい対面式、アイランド...

 外で使うものをどこに置くか 新築を計画中の方の中には、たくさんのモノに囲まれて、「新居ではスッキリ暮らしたい」と強く願っている方も多いことでしょう。限られた敷地のなかで「部屋はなるべく広く」そして「収納も充実させたい」という希望をかなえるためには、しっかりとしたプラン...

 眺望を楽しみたい方の2階リビングという選択 住宅を大きく分けると、リビング・ダイニングなど生活の中心となる部屋、寝室などのプライベートルーム、水まわりや収納といった生活を支えるスペースで構成されています。2階建ての住宅の場合、リビングは1階、プライベートルームは2階と...

 リビング階段のメリット 階段は上下階をつなぐ通路ですが、工夫次第で生活空間に広がりやうるおいを与えてくれるオブジェにもなります。また階段をどこに配置するかによって、間取りにも暮らし方にも大きく影響してきますので、家づくりの要といえるかもしれません。とりわけ家族関係...

 吹き抜けの最大の魅力は開放感と明るさ 家族が集うリビングは、家の中でもっとも居心地の良い場所でありたいもの。では「居心地の良さとは何か?」といえば、大切な要素としてまず「開放感」が挙げられます。次に「明るさ」です。吹き抜けは、居心地の良さの2大要素をかなえる優れた空間演...

 限られた敷地を広く使えるスキップフロア スキップフロアとは、小上がりとも呼ばれ、フロアとフロアをつなぐ階段の途中に設けたスペースのことです。高さの設定は自由で、階段が数段しかない場合もありますし、1階と2階の中間にあるスキップフロアは中2階と呼ばれます。スキップフ...

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ

Share

饗庭多嘉男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-575-3633

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

饗庭多嘉男

有限会社アイバ工務店

担当饗庭多嘉男(あいばたかお)

地図・アクセス

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ