まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
饗庭多嘉男

住み心地を高める建築のプロ

饗庭多嘉男(あいばたかお)

有限会社アイバ工務店

コラム

カーポートのリフォーム:片流れタイプと両側支持タイプ

リフォーム

2015年12月15日

愛車を風雨や日光から守るカーポート

「車を雨ざらしにはしたくないけれど、ガレージまでは・・・」という方にカーポートの設置をおすすめします。

カーポートは柱と屋根だけの駐車スペースなので、車庫よりも手軽で、手ごろな価格で設置することができます。

しかし、あるとないとでは大違いですので、新車を購入した機会に、あるいは洗車の手間を省くため、駐輪場も兼ねて、などいろいろな理由で取り入れられています。

雨だけではなく、紫外線や霜・雪の対策としても有効です。また、物干しや物置など、多機能に使える点も魅力です。施工店に相談する前に、まず、現状の不満点と、カーポートをどのように使いたいかをまとめておきましょう。

カーポートのタイプと屋根の素材

カーポートのスタイルは、屋根の支持方法でおもに2つのタイプに分けられます。

片流れタイプは、左右どちらか片側の柱に付いた梁で屋根を支えます。乗降の際、柱が邪魔にならず、デザイン的にもスッキリして見えます。
2つ並べて設置する「合掌」、縦に並べる「連棟」などの形をとることも可能です。

両側支持タイプは両側の柱で屋根を支えます。左右対称になるので、安定感があります。また両側にパネルを取り付けることで、雨の吹き込みを防止することができます。

ポリカーボネート、スチール、アルミといった屋根材

屋根の素材として一般的なものは、ポリカーボネート、スチール、アルミの3つです。

ポリカーボネートは半透明のプラスティックのような素材で、紫外線をカットする特性があります。引っ張りの強さや衝撃への強さにも定評があり、熱線吸収機能、汚れ防止機能のあるタイプも提案されています。

スチールは鉄製で重量があるため、柱は両側支持でしっかりと立てる必要があります。その分コストはかかりますが、豪雪地帯や台風の進路となる場所など、強度が必要な立地には適しています。愛車を直射日光に当てたくない方にもおすすめです。

アルミも頑丈な素材です。スチールに比べて錆びに強く、遮光性、遮熱性に優れているので、海辺の家などに適しています。

多彩な商品がラインアップ、情報収集をしっかりと

どのタイプの形でどの素材を使うかは、家の立地条件や敷地のスペース、車の台数、大きさ、高さ、などを総合的に検討する必要があります。

メーカー各社からは多彩な商品が提案されているので、カタログなどで情報収集をしましょう。また住まいとマッチするカラーやデザインも考慮することをおすすめします。

この記事を書いたプロ

饗庭多嘉男

饗庭多嘉男(あいばたかお)

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ

Share

饗庭多嘉男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-575-3633

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

饗庭多嘉男

有限会社アイバ工務店

担当饗庭多嘉男(あいばたかお)

地図・アクセス

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ