まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
饗庭多嘉男

住み心地を高める建築のプロ

饗庭多嘉男(あいばたかお)

有限会社アイバ工務店

コラム

こだわりの造作キッチンをつくる!カウンターとシンクの選びかた

造作キッチンのカウンターは、ステンレス、人工大理石、天然石、クオーツエンジニアリングストーンから選びます。使いやすさ、外観、価格などの兼ね合いで考えましょう。シームレスにするなら、シンクも同素材が適しています。

造作キッチンとは

造作キッチンを簡単に説明すると、自由な間取りで自分の好みに応じてつくりあげるキッチンのことです。
メーカーが製造しているシステムキッチンはあらかじめ決められた規格のサイズがあります。希望に応じてサイズ調整をしてもらうこともできなくはないのですが、そうすると価格に跳ね返ってしまいます。

それならば、大きさや形で自由度が高い造作キッチンの方がメリットは大きくなります。リフォームではすでに決まった空間の中でのつくり変えになるので、使いやすさや動線に妥協することなく満足いく仕上がりとなります。

カウンターの種類と選び方

カウンターはキッチン全体の印象を大きく左右する部分です。素材ごとの色調や素材によって、高級感を演出します。見た目はもちろん、調理で活躍する部分です。傷つきやすさや汚れやすさ、耐熱性も考慮しましょう。

主流の素材は、ステンレス、人工大理石、天然石、クオーツエンジニアリングストーンの4種です。

ステンレスは使い方によっては傷がつきますが、硬すぎず使いやすい素材です。継ぎ目もなくシンクとのつなぎ目も自然です。価格も安い部類に入ります。

国内のキッチンで最も多く選ばれているのが、人工大理石です。素材は樹脂で、アクリル系とポリエステル系に分かれます。前者の方が高価な分、耐久性に優れています。人気のホワイトのほか、石目調、砂目調などバリエーションも豊富。耐熱性が高くはないので取り扱いに注意が必要です。

天然石は高級感抜群です。しかし、割れが多く水がしみこみやすいのでどうしても汚れがつきやすい性質があります。重く硬いため、シンクとつなぎ目ができるなど成形の自由度が低いということもデメリットです。

クオーツエンジニアリングストーンは、天然石の良さと扱いやすさを兼ね備えたものです。

シンクの種類と選び方

シンクの素材は、ステンレス、人工大理石、ホーロー、カラーステンレスに大別されます。

選び方としては、まずカウンターとの相性を考えましょう。接合部のつなぎ目を見せたくなければ同素材に自ずと決まってきます。
そのほかのポイントとしては、耐久性や耐熱性、掃除のしやすさといった機能面のほか、価格やデザインがあげられます。

この記事を書いたプロ

饗庭多嘉男

饗庭多嘉男(あいばたかお)

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ

Share

饗庭多嘉男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-575-3633

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

饗庭多嘉男

有限会社アイバ工務店

担当饗庭多嘉男(あいばたかお)

地図・アクセス

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ