まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
饗庭多嘉男

住み心地を高める建築のプロ

饗庭多嘉男(あいばたかお)

有限会社アイバ工務店

コラム

お風呂のリフォーム:バスタブ・種類の選び方

リフォーム

2015年12月9日

快適なバスルームでくつろぎのひととき

お風呂に何を求めるかは人それぞれですが、せっかくリフォームをするのですから、単に入浴をするだけでなく、1日の疲れを癒し、リフレッシュできる快適な空間に生まれ変わらせたいものですね。乾きやすさ、掃除のしやすさなどとともに、デザインや素材にもこだわったリフォームをしましょう。

浴室はシステムバスを使用するか、在来工法で造作するかによって大きく変わります。現在の主流になっているシステムバスは、既成の部材を組み立てるので工期が短く、部材同士がしっかりジョイントされるので防水性に優れています。昔ながらの在来工法は、現場で浴室をつくるので、それぞれのお家の形状やスペースに合わせるなど、自由な形、デザインを取り入れることができます。

バスタブの素材と特徴

浴槽に使われる素材で一般的なものは、ホーロー、ステンレス、人工大理石、FRP、タイル、ヒノキなどがあります。
ホーローは、鋼板ホーローと鋳物ホーローがあり、滑らかな肌触りと優れた保湿性が特徴。丈夫でカビや汚れにも強く掃除も簡単です。しかし表面がガラス質なので、破損すると本体が錆びる恐れがあります。

ステンレスは傷や錆びには強い素材で、汚れにくく耐久性も優れています。金属製ですが、ホーローに比べると軽くて、価格もリーズナブルです。

FRPは樹脂系の素材です。システムバスによく使われ、保湿性が高く、多彩な色が揃っています。

人工大理石は、大理石風に作られた樹脂素材です。高級感があり肌触りが良く、システムバスではFRPと並んで人気があります。

ヒノキの浴槽は、独特の香りや保湿性に人気があります。耐久性などについて多少の不安があったのですが、腐食防止技術の向上で、ご家庭でも取り入れやすくなりました。

タイル、石張りはデザイン重視の浴室に適していますが、滑りやすく、耐久性が低いというのがデメリットと言えるでしょう。

掃除のしやすさやバリアフリーも考慮にいれて

浴槽や床、壁材は、掃除のしやすさも考慮して選びましょう。

最近は汚れ防止、抗菌、乾きやすい素材など、多彩な機能を持つ仕上げ材が提案されています。

またリフォームの機会にバリアフリー対策を取られるのもおすすめです。滑りにくい床材、出入り口の段差がないもの、プッシュ水栓なども便利です。ヒートテック対策として暖房を設置すると、寒い季節でも快適に入浴が楽しめます。

この記事を書いたプロ

饗庭多嘉男

饗庭多嘉男(あいばたかお)

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ

Share

饗庭多嘉男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-575-3633

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

饗庭多嘉男

有限会社アイバ工務店

担当饗庭多嘉男(あいばたかお)

地図・アクセス

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ