マイベストプロ鹿児島
上村徳郎

生活習慣病の予防と治療に取り組む内科・腎臓内科のプロ

上村徳郎(うえむらとくろう) / 内科・腎臓内科医

医療法人愛徳会 上村内科クリニック

お電話での
お問い合わせ
0993-22-5033

コラム

終末糖化産物(AGEs)老化の原因

2022年4月30日 公開 / 2022年5月14日更新

テーマ:アンチエイジング

コラムカテゴリ:美容・健康

ヒトの老化にはさまざまな原因がありますが、その一つが終末糖化産物(AGEs)によるものです。ヒトは加齢に伴って、生体内の蛋白は一様に糖化を受けて臓器障害性の強い終末糖化産物(AGEs)と呼ばれる老化蛋白を形成します。

このAGEsの蓄積は、体内老化を押し進めるだけでなく見た目の老化であるシワ、シミ、たるみ、薄毛などの美容的な問題を引き起こすことも明らかにされてきているのです。例えばAGEsは、皮膚のコラーゲンの架橋異常をきたして肌の弾力性の低下を招き、シワやたるみの原因となります。

終末糖化産物(AGEs)を減らしましょう

一般的に肉製品や脂肪に富む食材を高温で揚げたり、焼いたりしたときにAGEsが多く生成されることが知られています。一方、水分を多く使って長い時間をかけ、ゆっくりと蒸したり、茄でたりする調理法はAGEsを生成させにくいのです。また、食材の褐変化(褐色になる)はおおよそのAGEs含有量の目安となります。ブドウ糖に比べて果糖は約10倍もAGEsを形成しやすいといわれており、フルクトースコーンシロップを多く含む炭酸飲料や果糖の過剰摂取、褐変化の著しい食品を避けるようにしましょう。またレモンや酢は調理の過程でAGEsの生成を抑えることが知られています。
老化の原因である終末糖化産物(AGEs)は日常生活の工夫で減らすことができます。

糖化と皮膚の老化
Bella Pelle (2432-2016)4巻3号 Page180-183(2019.08)

__________________________
うえむら医師のコラム

Twitter

お問い合わせ

この記事を書いたプロ

上村徳郎

生活習慣病の予防と治療に取り組む内科・腎臓内科のプロ

上村徳郎(医療法人愛徳会 上村内科クリニック)

Share

上村徳郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0993-22-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上村徳郎

医療法人愛徳会 上村内科クリニック

担当上村徳郎(うえむらとくろう)

地図・アクセス

上村徳郎のソーシャルメディア

twitter
うえむらとくろう
2022-05-20

上村徳郎プロのコンテンツ