マイベストプロ鹿児島
上村徳郎

生活習慣病の予防と治療に取り組む内科・腎臓内科のプロ

上村徳郎(うえむらとくろう) / 内科・腎臓内科医

医療法人愛徳会 上村内科クリニック

お電話での
お問い合わせ
0993-22-5033

コラム

ペットボトル症候群に注意

2022年8月14日

テーマ:糖尿病

コラムカテゴリ:医療・病院

コラムキーワード: 糖尿病 症状

夏は冷たい飲み物を飲む機会が多くなりますが、清涼飲料水の飲みすぎには注意しましょう。とくに糖尿病の方や若年者や子供では、喉が渇きやすいなどの高血糖症状に気づかずに清涼飲料水を多量摂取して重症化し、医療機関を受診するケースもあります。

ペットボトル症候群は清涼飲料水ケトーシス・ケトアシドーシスとも呼ばれ、清涼飲料水の過量摂取により誘発されます。思春期から青年期の肥満男性に多く、不登校歴とも関連するといわれています。これは、思春期には成長ホルモンや性ステロイドの影響によりインスリン抵抗性(インスリンが効きにくくなる)が増大し、高インスリン血症にあるといわれているからです。

習慣的な糖(清涼飲料水)の摂取

高血糖

口渇・脱水

糖(清涼飲料水)の摂取の悪循環

糖毒性・インスリン分泌と作用の低下(インスリン抵抗性)

インスリン拮抗ホルモンであるグルカゴンやカテコラミン,成長ホルモンの過剰

糖利用の低下や脂肪分解の亢進

高血糖と高ケトン血症

発症

清涼飲料水ケトーシスに特有の治療法はなく、通常は糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)に準じた治療が行われます。普段から血糖値が高めと言われている方はもちろんですが、肥満があって、口渇や多飲の自覚がある方は若くても要注意です。

【子どもから防ぐ成人病・生活習慣病】
子どもの成人病とペットボトル症候群
成人病と生活習慣病 (1347-0418)44巻1号 Page106-111(2014.01)

__________________________
うえむら医師のコラム

Twitter

お問い合わせ

この記事を書いたプロ

上村徳郎

生活習慣病の予防と治療に取り組む内科・腎臓内科のプロ

上村徳郎(医療法人愛徳会 上村内科クリニック)

Share

関連するコラム

上村徳郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0993-22-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上村徳郎

医療法人愛徳会 上村内科クリニック

担当上村徳郎(うえむらとくろう)

地図・アクセス

上村徳郎のソーシャルメディア

twitter
うえむらとくろう
2022-10-07

上村徳郎プロのコンテンツ