マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき) / 薬剤師

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

コラム

正しい漢方薬・生薬エキスの運用

2019年10月31日 公開 / 2019年11月22日更新

テーマ:専守防衛=未病先防

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: ダイエット 食事

《寒さが厳しくなる前に常備薬としての漢方薬・生薬エキス》


婦宝当帰膠 

※古の言葉に『葛根湯医者』という言葉があります、いろいろ多様な高い症状を訴えてもワンパターンで『葛根湯』しか処方しない藪医者と理解される方がいますが、実際は『葛根湯』の応用範囲は驚くほど広いのです。
風邪の初期から下痢、眠気覚まし、肩こり、筋肉痛・・・、と多々ありますが『漢方方剤の決め手』は『病名』ではなく『症状・体質・病の状況』などを弁証して決定するのです。
本来ならば漢方薬の効能に病名は不要なのです。

《葛根湯の成分の一つ=葛の根》


しょうが湯 婦宝当帰膠
※これは『葛の花』=『葛花』、晩夏から秋にかけて野山に行きますと、このような花を見かけます。
この植物の根が『葛根』=『葛』です。

《葛根の効能効果》
漢方的効能は
☆解肌退熱
☆生津止瀉
☆滋潤筋脈

西洋医学的に示しますと
☆解熱作用
☆冠状動脈の拡張
☆脳の血流促進
☆筋肉の緊張緩和
☆発疹緩和
☆下痢治療
☆口渇改善
☆高血圧改善
☆突発性難聴改善

医療用の葛根湯の効能
自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を伴う比較的体力のあるものの次の諸症
感冒、鼻かぜ、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、扁桃腺炎、乳腺炎、リンパ腺炎)、肩こり、上半身の神経痛、じんましん

※どうですか、葛根湯で応用範囲は広いでしょう、ですから『葛根湯医者』は『藪』ではないですよ。

《葛根湯を飲んではダメな条件》


麦味参顆粒
※こんな『大汗かいている時』だけではなく『脇の下』や『胸元』が既にシットリしている時はダメ!

※必ず『葛根湯』を煎じ以外で飲む時には、『お湯割り』で温かいうちに!、そしてマフラーして一枚上にセーターなどを着て温かくしている事。

《ゾクゾク寒気がするが既に汗ばんでいる時は・・・?》


しょうが湯

しょうが湯
※これは薬局サプリメントとして漢方専門薬局で推奨しています『ホンマモノの葛』に甘草・桔梗・生姜などの生薬、そして精製白砂糖ではなく『三温糖』を加味した本格派。
市販の安価なのは『葛』ではなく『バレイショデンプン』と精製白砂糖、時には『香料』などが添加されています。

☆体力のない方・熟年代の方、ゾクゾクしたり風邪かなっと感じたら、この『しょうが湯』を飲んでみて!

《『葛根湯』を一服、飲みたい時は『セルフ煎じ』でどうぞ》


セルフ煎じ タキザワ
※『葛根湯』はダラダラと漫然服用する漢方薬ではなく『頓服』として必要な時に煎じて飲んで終了。
☆こんな時には『葛根湯1包=1回分=385円(税込)』を当薬局で御自身で煎じて温服して下さい。

☆防風通聖散のように長く飲む必要がある漢方薬は『煎じ』より『エキス顆粒』が便利ですが『葛根湯』とか『桂枝湯』そして『小青龍湯』などは1服~2服程度で効果が体感出来るはずです。

《『冷え』を強く感じる時》


婦宝当帰膠
※平素は『婦宝当帰膠』の「お湯割り」でいいのですが『生理痛が強い』とか『冷えが強い』時には婦宝当帰膠を「お湯割り」にする時に『当帰芍薬散』を煎じた液に婦宝当帰膠を溶かして『美・ワカイン末』を飲んで下さい。
『美・ワカイン』は体を温める薬局サプリメントです。

※詳しい事は当薬局の薬剤師陣にお訊き下さい。
☆婦宝当帰膠と美・ワカインは当薬局で『試飲』出来ますので『『マイベストプロ香川』』を見たと言って下さい。

この記事を書いたプロ

佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(有限会社 すみれ漢方施薬院薬局)

Share
関連するコラム

佐藤宣幸プロのコンテンツ