マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき) / 薬剤師

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

コラム

夏の『脳梗塞』に要注意

2016年8月1日 公開 / 2021年2月26日更新

テーマ:専守防衛=未病先防

コラムカテゴリ:医療・病院

《隠れ脳梗塞自己チエック表差し上げます》



『脳梗塞』って一般には『冬』に多いと思われがちですが、実は『夏』にも多発しているのです。
※夏に多発する脳梗塞の原因
☆発汗過多で血液ドロドロ=『瘀血』の増加
☆夏バテで元気の『氣』が消耗して血液循環の悪化=『瘀血の増加』
☆冷房の『除湿作用』で生体の水分が欠乏=干涸らび=『瘀血の増加』
※要注意の『持病』
☆高脂血症・・・動脈硬化指数が『4』以上の方=『瘀血の増加』
☆NGSP・(HbA1C)が高い・・血液ドロドロ=『瘀血の増加』
☆尿酸値が高い・・血液ドロドロ=『瘀血の増加』
☆麦酒好き・・夏場は、どうしても麦酒が美味しい=呑みすぎ=血液ドロドロ=『瘀血の増加』
  AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTP、特にγ-GTPが高い方は『肝臓の悲鳴』
  「目が疲れる・肩がコル・足がツル」・・『肝臓の悲鳴』

※どうする=『活血化瘀』
活血化瘀には効果が確実な動物性生薬=䗪蟲(シナゴキブリ)・水蛭(ヒル)・虻(アブ)・蚯蚓(ミミズ)
当薬局でお薦めは『水蛭(ヒル)エキス』または『蚯蚓(ミミズ)エキス』。
そして『同物同治理論』で『肝臓を元気にする=スクアレン製剤=「サメミロンカプセル」』を併用します。

詳しくは当薬局の専任薬剤師にお訊きください(要予約)。

この記事を書いたプロ

佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(有限会社 すみれ漢方施薬院薬局)

Share

関連するコラム

佐藤宣幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

担当佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

地図・アクセス

佐藤宣幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2022-06-25
facebook
Facebook

佐藤宣幸プロのコンテンツ