マイベストプロ福岡
鎌田千穂

業務改善と人材育成のプロ

鎌田千穂(かまだちほ)

Chi-ho’s studio

コラム

人の事は良くわかるけど、自分の事はわからない

2019年7月10日

テーマ:心のあり方のヒント

時々「現場の事を知らない奴に、現場の何が分かるんだ」といわれる方がいらっしゃいます。
私に向かって言われているわけではありませんが、
そう言われる大抵の方は、自分の許容範囲を超えた頑張りをしていて、悲しさや辛さを心の奥底で感じられていると判断しています。

ですが、反面、「現場の事を知らない奴に、現場の何が分かるんだ」と言うからこそ、現場の何をどうしたらいいのか、どんな行動をしているか尋ねると、「何も変わらないからどうせ言ったって無駄」「言っても思惑と外れた内容にすげ変わるだけ。」「忙しすぎて、そんな暇がない。」「これ以上、仕事を増やしたくない」とできない理由を沢山いわれるのです。
でも、そういいつつも、会社がやってくれないという言葉を通じて、期待と要望は山のようにある。

たまに、そんなにとめどなく出来ない理由がわかるすぎるくらい「現場の事を知っている」訳なのですから、出来る理由の一つか二つくらいはあってもいいのではないか?と不思議に思うのです。

自分の考えに疑いを持つ事で道は開ける

そういった事を通じて、私が皆さんに考えて欲しいことがあります。
それは、一生懸命になっているから、新しい考えを受け入れることに抵抗があったり、最初からできないと思い込んでいたり、現場の何を知ってほしいのか、何をしたいのか、どうしたらいいのか、自分たちにも良くわかっていないのが現実かもしれないという、自分の考えに疑いを持ってほしいという事です。

何故なら、そういう人ほどこそ、どこに転職しても、他の職場にいっても、結局は同じ局面にぶつかり同じことを言っているからなんです。

ですが、当事者は、新しい職場の新しい問題と切り分けて考えるので、同じ問題にぶつかっていることに気がついていない方が殆ど。

私も含めて、
「人の事は良くわかるけれど、自分の事は中々わからなくて見えないもんだ」
としみじみ感じています。

皆さんはどうでしょうか?

千穂写真3

Chi-ho'studioホームページ https://www.chihos.jp/

Facebookから友達申請は、面識がある方を優先としています。
予めご了承くださいませ。

この記事を書いたプロ

鎌田千穂

業務改善と人材育成のプロ

鎌田千穂(Chi-ho’s studio)

Share
関連するコラム

鎌田千穂プロのコンテンツ