マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをする専門家

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

コラム

シャッターの内側に入り口と間仕切壁を設けるリフォーム

2014年8月12日

テーマ:店舗リフォーム

シャッター付き店舗やシャッター付き車庫を事務所や店舗にする場合、その入り口がシャッターでは格好がつきません。
ちゃんとした入口を設け営業中はシャッターを上げておかなければなりません。
その場合はシャッターの内側に間仕切り壁を一枚設けて、好みの入り口を取り付け自由にデザインしましょう。

倉庫を事務所兼用にする入り口の場合


 
倉庫を整理して事務所と併用したいので入口を何とかしたいとのご要望。
倉庫も兼ねているのであまり外から内部が見えないようにと、間仕切り壁を起しサイディングをは貼り見栄えをよくしました。
入り口は倉庫も兼ねているのでいつでも入口の間口を広くできるよう、引違の入り口にしました。

喫茶店の入り口の場合


 
喫茶店の入り口はおしゃれでなければなりません。
そしてある程度外から中の雰囲気ものぞけるように。
入り口は木製の片開きドア、両サイドにガラスを入れて採光を確保。
間仕切り壁は珪藻土を塗りおしゃれな外観に仕上げます。

このようにシャッターの内側に間仕切り壁を起し入り口を設けることは、自由にその目的に応じてデザインすることができるのです。

店舗リフォーム①  大阪市住之江区事例
店舗リフォーム② 事務所を喫茶店に 大阪市住之江区事例
古家を店舗リフォーム 八尾市事例
空き部屋をガレージにリフォーム大阪市住吉区事例

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

長屋のリフォームをお考えならリフォームワークへ!
リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをする専門家

舘慶仁(リフォームワーク)

Share
関連するコラム