まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
中村正彦

遺産相続に関するトラブルを法的に解決するプロ

中村正彦(なかむらまさひこ)

弁護士法人 松尾・中村・上法律事務所

コラム

葬儀費用を遺産から支出することができるか

2017年12月15日

 故人(被相続人)の葬儀費用は、誰が支払うべきなのでしょうか。
 葬儀費用の金額は、日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」(2017年)によると、平均して約195万7000円となっており、相当高額な支出です。
 これを故人の遺産から当然に支出してもよいのか、その費用負担については、しばしば相続人間で争いとなります。
 例えば、長男など相続人の代表格である喪主が、独断で葬儀費用を故人の遺産から支出していた場合、各相続人の遺産の取り分は減ってしまいますから、喪主以外の相続人から不満が出るわけです。

 この点、民法上、885条1項において、「相続財産に関する費用は、その財産の中から支弁する」としか規定されていません。
 葬儀費用がここでいう「相続財産に関する費用」にあたるのであれば、故人の遺産から支出することができますが、そもそも葬儀費用は、故人の入院費用などの相続債務(=マイナスの相続財産)ではなく、あくまでも、喪主などの遺族と葬儀業者との間の契約に基づいて、「故人の死亡後に新たに発生する費用」であることから、「相続財産に関する費用」にあたるとは言い切りがたいため、以下のように判例・学説上争いがあり、現時点では法的に確立された見解はありません。

 ○ 喪主負担説
  葬儀費用は喪主が独自に負担すべきであり、他の相続人に負担を求めることはできないという考え。

 ○ 相続人全員負担説
  相続人全員が相続分に応じて負担すべきという考え。

 ○ 相続財産負担説
  相続財産=遺産から支出すべきであるという考え。葬儀費用は民法885条1項の「相続財産に関する
  費用」と考える説。

 ○ 慣習や条理によって決めるべきであるという説。等々。

 以上のように、葬儀費用は誰が負担すべきかについては、判例・学説上争いがありますので、大切なことは、「葬儀費用は当然に喪主が負担すべき」とか「当然に遺産から支出されるべき」と決めてかからないこと。そして、喪主の長男などが「遺産から出すのは当然だ」などと断定的な物言いをしても、必ずしも従わないといけないわけではありません。
 葬儀費用について、後日の紛争を回避するためには、「誰が負担するのか」、「遺産から支出するのかどうか」について、事前に相続人全員で協議・話し合いをしておくとよいでしょう。
 現実には、故人がお亡くなりになられた悲しみの中、このような話し合いまで対応するのは難しいものですが、遺産分割の話し合いの際に、あわせて葬儀費用の負担についても話し合いをし、相続人全員の合意により、遺産から支出すると決めておかれるケースが一般的です。

 なお、葬儀費用と類似する問題として、初七日などの「法要費用」がありますが、これについても、「故人の死亡後に新たに発生する費用」という意味では葬儀費用と同様ですから、遺産から当然に支出をしてもよいものではなく、法要費用を遺産から支出するためには、相続人全員の同意・承諾が必要になります。

                                                    弁護士 松尾善紀

この記事を書いたプロ

中村正彦

中村正彦(なかむらまさひこ)

中村正彦プロのその他のコンテンツ

Share

中村正彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6222-5701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村正彦

弁護士法人 松尾・中村・上法律事務所

担当中村正彦(なかむらまさひこ)

地図・アクセス

中村正彦プロのその他のコンテンツ