マイベストプロ大阪

[遺産相続]の専門家・プロ …11

大阪府の遺産相続の専門家・コンサルタント

日本各地に事務所を構える「遺産相続」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

大阪府×遺産相続

フリーワードで絞込み

1~11人を表示 / 全11

中村正彦

このプロの一番の強み
依頼者の心に寄り添って、依頼者とともに公正な解決を目指す

[大阪府/遺産相続]

依頼者の心に寄り添って案件に取り組む。それが私たちの基本理念です

 親の遺産をきょうだいで仲良く分割する。亡くなった親もそれを望んでいたのに、ささいな行き違いから、激しい対立が生じ、仲の良かったきょうだいが一転絶縁状態に――。そんな悲しい関係になる前に、「弁護士法...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
相続・遺言(遺産分割、遺言書の作成、遺言執行、遺産・相続関係の調査、相続預金の払い戻し請求、相続...
会社/店名
弁護士法人 松尾・中村・上法律事務所
所在地
大阪府大阪市中央区北浜2丁目5番13号  北浜平和ビル4階

佐井惠子

このプロの一番の強み
成年後見や相続、信託など「家族の問題」への対応

[大阪府/遺産相続]

シニアの悩み、法律問題のワンストップサービス

 地下鉄南森町駅から徒歩約7分、JR北新地駅から徒歩約5分の大阪弁護士ビルの9階に佐井司法書士法人はあります。司法書士の佐井惠子さんは、不動産登記や企業法務などのさまざまな業務を取り扱っていますが、特に...取材記事の続きを見る≫

職種
司法書士
専門分野
・成年後見 ・相続手続き、遺言書作成、遺言書執行業務・家族信託
会社/店名
佐井司法書士法人
所在地
大阪府大阪市北区西天満6-7-4  大阪弁護士ビル903号

池内宏征

このプロの一番の強み
多方面から財産管理をサポートする「相続の処方箋®️」が強み

[大阪府/遺産相続]

「認知症財産」のゆくえを守る、家族信託のすすめ

 現在の日本における「高齢者」は、65歳以上と定義されています。政府によると、7名に1名の割合で認知症を発症している方がいるといいます。この数字は、国民のじつに14%の割合です。さらに2025年には、その割合...取材記事の続きを見る≫

職種
司法書士、 行政書士、 家族信託専門士
専門分野
会社/店名
司法書士法人リーガルエスコート 行政書士事務所リーガルエスコート
所在地
大阪府大阪市西区京町堀1-13-19  大建設計大阪ビルWest6階

東野修次

このプロの一番の強み
中小企業の事業再生・事業承継

[大阪府/遺産相続]

中小企業の事業再生を支援するプロジェクトチームを設立

 関西を中心に10年以上、弁護士活動を行ってきた東野修次(とうの しゅうじ)さんは、公認会計士と一緒になって、関西の中小企業の「事業再生」・「事業承継」を支援するプロジェクトチームを立ち上げました。民...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
・中小企業の事業再生
会社/店名
東野&松原&中山法律事務所
所在地
大阪府大阪市北区中之島2丁目2番2号  大阪中之島ビル10階

小原望

このプロの一番の強み
国際取引や英文契約書作成・審査業務の支援・サポート

[大阪府/遺産相続]

国際的視野で「交渉」や「契約」の大切さを広めたい

「国際取引や英文契約、紛争解決などと言うと、国家レベルや一部の大会社だけの話、個人や中小企業には無縁……そう思われてはいませんか?でも、実は思いのほかとても身近な問題なんですよ」 そう教えてくれる...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士、 弁理士
専門分野
国際取引/英文契約書作成・審査ほか
会社/店名
小原・古川法律特許事務所
所在地
大阪府大阪市北区南森町2丁目2番7号  シティ・コーポ南森町902

西川智子

このプロの一番の強み
豊かな社会人経験で培われた「人間力」で老後の安心をサポート

[大阪府/遺産相続]

クライアントの気持ちに寄り添う「成年後見」のスペシャリスト

 「老後が不安」「相談したいけど専門家の説明は難しい」と漠然とした不安を抱えながらも、『老い』に対して何の準備もできないままになっている人は多いようです。大阪市北区に事務所を構える行政書士の西川智...取材記事の続きを見る≫

職種
行政書士
専門分野
・ 成年後見・任意後見・ 遺言書・遺産分割協議書作成・ 遺言、成年後見関係セミナー講師・ 許認可...
会社/店名
西川智子法務行政書士事務所
所在地
大阪府大阪市北区西天満2丁目8番5号  西天満大治ビルB1

石田貴子

このプロの一番の強み
高い技術力と豊富な経験で、最近多い境界トラブルで力になれます

[大阪府/遺産相続]

相続問題で、土地家屋調査士が力になれます

 相続対策というと、相談相手として思い浮かぶのは税理士や弁護士でしょうか。では土地家屋調査士は、どうでしょう? どんなふうに関わってくるのか、そもそも業務内容についてピンとこない方も多いかもしれま...取材記事の続きを見る≫

職種
土地家屋調査士、 測量士
専門分野
・建物を新築した時の手続き【登記】・土地の面積の測量・調査・隣接所有者間トラブル防止のための測...
会社/店名
石田土地家屋調査士事務所((有)トヨノ測量・設計事務所)
所在地
大阪府池田市鉢塚2丁目5-6
事務所兼自宅ですが、インタ-ホン及び玄関は別です。

西村隆志

このプロの一番の強み
豊富な実績に基づき、迅速に動き、的確に債権回収します

[大阪府/遺産相続]

債権回収はスピードが命。まず早く動くことです

 大阪市役所の川向かい、アメリカ総領事館から御堂筋を少し下った堂島ビルヂングの5階に「西村隆志法律事務所」があります。京阪電車の淀屋橋、大江橋両駅と地下鉄の淀屋橋駅に近く、裁判所も歩いてすぐという立...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
中小企業の債権回収
会社/店名
西村隆志法律事務所
所在地
大阪府大阪市北区西天満2-6-8  堂島ビルヂング501

松岡敏行

このプロの一番の強み
自ら書き下ろしたマンガ「突然の相続」で相続の実務を説明

[大阪府/遺産相続]

税理士自らが書き下ろした日本初のマンガで相続の実務を解説

 近鉄大阪線八尾駅から南東に15分ほど歩くと、3階建てでしゃれた外観の「松岡会計事務所」があります。税理士の松岡敏行さんの父、成幸さんが37年前に開業。今や所員数35人、顧問先数1000件まで成長させ、南大阪...取材記事の続きを見る≫

職種
税理士
専門分野
相続税
会社/店名
税理士法人 松岡会計事務所
所在地
大阪府八尾市青山町2丁目4番18号

辻村登志子

このプロの一番の強み
人と人とのつながりを大切に、計画段階から親身にサポート

[大阪府/遺産相続]

新しいスタートを切るシニア世代の起業を親身にサポート

 シニア世代になっても元気で活躍する人が増えている現在、定年後の第二の人生のスタートにあたり、起業という選択も多くなっています。シニアの企業支援に力を入れている「辻村会計事務所」の代表税理士・辻村...取材記事の続きを見る≫

職種
税理士
専門分野
シニア世代を中心とした会計面での起業支援
会社/店名
辻村会計事務所
所在地
大阪府大阪市北区 野崎町6-7  大阪北野ビル603

藤井薫

このプロの一番の強み
病根を見抜き、将来を予測し、最適の治療法を提供する

[大阪府/遺産相続]

相続分野の複雑な問題を根治する職人気質の弁護士

 「遺言書に家族への感謝の気持ちを書くことは、あまりお勧めできません」。こう話すのは、大阪市・西天満に法律事務所を構える弁護士の藤井薫さん。2008年に設立された大阪弁護士会「遺言・相続センター」の運...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
遺言・相続・成年後見、商取引・契約締結、倒産、債権回収、会社経営、不動産・建設、労働事件、IT・シ...
会社/店名
藤井薫法律事務所
所在地
大阪府大阪市北区西天満5丁目14-7  和光ビル6階

この分野の専門家が書いたコラム

法務局から、みなし解散通知書が来た会社様へ

法務局から、みなし解散通知書が来た会社様へ

 通知を無視すると解散   この記事を見ている方は、令和2年10月15日付の法務局からの通知書を確認した社長様あるいはご担当者様ではないでしょうか。  この通知が来た以上、会社としては何らかのアクションをしなければ...

テミス通信第47号 掲載しました

2020-10-09

遺言書 作成

佐井司法書士法人の事務所新聞、テミス通信2020年9月・第47号を発行いたしました。 今号の記事 ・オンライン打ち合わせ 対応いたします ・「遺言書保管制度」の開始・申請体験記 ・スタッフ紹介・拡大版 ~コロナ以...

テミス通信第46号 掲載しました

佐井司法書士法人の事務所新聞、テミス通信2020年7月・第46号を発行いたしました。 今号の記事 ・夏休みのお知らせ ・第二段! 「登記所が遺言書を預かります!」いよいよスタート ・事業承継と補助金 ・CSR活動...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?

認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?

2019-03-29

自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

認知症になる前にできることの基礎知識

認知症になる前にできることの基礎知識

2019-03-06

元気な間に自分が具体的な権限を託す家族信託契約をすることによって、意思判断能力が低下した後も、託された方が本人の代わりに合法的に財産管理をすることが可能になります。今回は、家族信託について解説します。

遺産相続争いに備える正しい「遺言」の書き方

遺産相続争いに備える正しい「遺言」の書き方

2016-03-17

相続税

高齢化社会が進む日本において、遺産相続問題は今後さらに増えていくことが予想されます。しかも、遺産相続問題のほとんどは金銭トラブルにつながり、身内で骨肉の争いに発展することも多いと専門家。