まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

弁護士業務に関する基本原則 3 期日連絡

その他

2018年1月9日 / 2018年1月10日更新

1 期日連絡は、期日ごとになされる
弁護士が、依頼者に対してする報告や、書類送付の一つに、「期日連絡」があります。

これは訴訟や調停における期日(訴訟の場合の口頭弁論期日や証拠調べ期日、調停における調停期日など)が終わる都度、依頼者に送る連絡書面のことです。

この書面に書くことは、
① その期日に手続としてなされたこと
例えば、原告から訴状の陳述、甲1から甲5号証の提出。原告本人尋問の申出、被告から答弁書の提出などと書かれます。
 証拠調べがなされた期日では、証拠調べがなされたことが書かれますが、証人調書が出来上がったときは、その写しを送付する旨が書き加えられています。
なお、その期日に提出した主張書面や証拠、それに証拠説明書の内容は、通常、期日前に弁護士から依頼者に送付している書面(その内容は、弁護士の起案と依頼者の返信の後で完成され、依頼者に納得のいく内容になっているはずのもの)です。

② 相手方から提出がなされた主張書面や証拠や証拠説明書、証拠申出書
 なお、これらは、依頼者の弁護士が、相手方代理人から遅くとも期日当日までに受領していますので、事前に受領している場合は、その写しは弁護士から依頼者に事前に送られており、当日受領しておれば、期日連絡の際にそのコピーガ同封されているのが一般的です。

③ 裁判所から、当事者に質問(「求釈明」といいます。)がなされた場合は、その内容と、それに対する回答(「釈明」といいます。)をした場合の回答。
 なお、回答を次回期日にすると約束している場合は、その旨の記載

④ 次回期日の予定と次回期日、それに次回期日までになすべきこと(依頼者側、相手方側に分けて)
⑤ 裁判所から和解の勧告がなされた場合は、その旨、和解案の提示があれば和解案
⑥ 以上を踏まえての、依頼者との打合せが必要な場合の打合せ日時の打診
⑦ 依頼した弁護士の事件の見通しや意見
などです。

3 期日連絡の効用
 期日連絡書は、すべての期日連絡書を一つづりにして保存している限り、それを読むだけで、居ながらにして、手続の全ての期日ごとの進行具合が分かります。
これは大切に保存し、思いついたとき、読み返されると、あなたが弁護士に委任した事件がどのような内容であって、相手方の言い分がどんなものであるかが分かるだけではなく、依頼者と相手方とは何を巡って争っているのか、争点は何か、争点を立証する証拠はお互いどのよなものを提出したのか、裁判所が求釈明(質問)をした場合、裁判所がその事件をどう見ているのかなどが一目で分かります。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ