まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

権利とは消えるインクで書かれた約束事

諺にして学ぶ法 

2014年11月16日 / 2014年11月27日更新

与三郎
「そりゃあな。一分もらって,有り難うございますと,礼を言って,けえるところもありゃあ,百両,百貫もらっても,けえられねえ場所もある。ええ,ご新造さんへ。おかみさんへ。お富さんへ。いやさ,お富~!久しぶりだなあ~。」
お富
「そういうお前は・・・」
与三郎
「与三郎だあ。」
お富
「え!」
与三郎
「しがねえ恋の情けが仇。親に貰った財産を,惚れた弱みで見栄を張り,お主のために使ったわ。使い果たして二分残る。お主のためだあ。お主のな。江戸の親には勘当され,よんどころなく岡山の,伯父貴のもとで働くも,ちっとも楽になりゃしない。思い出したはこの念書。墨痕淋漓と書いている。三千両,いつでもお返ししますとな。お主が書いた約束だ。お主と儂との契約だあ。おぬしは儂に義務がある。耳を揃えて,三千両。それがお主の支払義務だあ。俺の権利だあ~。」
お富
「そうでござんしたか。しかし,お前に渡したその念書。目を皿にして,よく御覧。私の書いた約束は,時の経過で消えてるよ。消えるインクで書いたのさ。せっかくだけど,払えない。それが消滅時効というもんだ。」
(注:与三郎の台詞の一部に,著作権の切れたものを使っています。)

 人に対する権利は,行使しないでいると,時の経過で消滅する。これを消滅時効という。金銭債権は民事で10年で,商取引によるものは5年だ。知っておく必要のある知識だが,短期で消滅するものも多い。クラブのつけは1年で消える。しかし,紳士は,消滅時効の援用だあってな,男を下げることは言わね~だろう。カミさんに叱られりゃ,言うかもしれないが・・・

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ