まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

民法雑学 土地に対する所有権の誕生

不動産

2014年11月4日 / 2016年3月15日更新

Q 土地に対して,個々人の所有権が認められるようになったのは,いつ,どのような経緯からですか?


 徳川幕藩政治の下では,まだ,法的な意味での,個々人の所有権(物に対する独占・排他的権利)は認められていませんでした。
 幕府も,藩そのものに対し,封地の絶対支配権を認めていなかったことは,幕府の意思一つで,改易(領土の没収),移封(領土替え)ができたことから明らかでしょう。

 所有権という概念は,明治維新以後に生まれました。
明治6年の地方官会議で,それまでの年貢(物納)制度を廃して,地租(金納)制度を採用することにし,そのことから,土地所有権を認めることになったとされています。

 この新しい政策実現のための作業を「地租改正作業」といいますが,この作業で,全国の宅地,耕地,山林が調査・測量(これらを「地押丈量」といいます。)され,それまでに作成されていた検地帳などとの照合もされて,所有者が認定されていっています。

 なお,この制度により,所有者になった者は,地租改正条例により地券(「改正地券」)が交付されましたが,これには,地押丈量の結果に基づき,地番,地目,地積・反別,地主の氏名,地価まで書かれたものでした。地価は,いうまでもなく,地租の課税価格になるものです。土地の価格(地価)まで,地券に書かれていたというのは,面白いと思います。現在の登記簿には,地価は書かれていません。地価(固定資産税評価額)の表示は,市町村でなされています。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ