まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

商取引 4 基本契約と個別契約

商取引

2013年6月6日 / 2013年6月11日更新

商取引は、多くの場合、反復、継続する契約ですので、契約書を作る場合、全取引に共通する事項を定めた基本契約書を結ぶのが一般的です。個別契約は、基本契約書で、発注書と請書のみで成立すると定めておれば、個別契約書そのものを作成する必要がない、という場合もあり、基本契約書に比べ重要度は低くなります。

その基本契約書ですが、これには、
①債権の保全を目的とした条項として、
ア) 営業状況の報告(決算書等の提供)、
イ)営業上の重要事項(合併、会社分割等)の通知、
ウ)期限の利益喪失事由と契約解除事由
エ)担保提供義務
オ)相殺や換価処分の許容
カ)弁済充当の順序
②基本契約の対象となる商品に関する条項として、
ア)個別の売買契約締結の方法
イ)価格の決定・支払い方法
ウ)商品の納入方法
エ)瑕疵担保責任
オ)商品の所有権の移転時期
カ)危険負担
等が書かれますが、その他にも、管轄裁判所についての定めなども書かれます。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ