まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

間違えやすい法令用語18 本則・附則

法令用語

2011年6月18日 / 2012年8月17日更新

1本則
法律、条例などは、①題名、②制定文、③目次、④本則、⑤附則の順で、書かれています(⑥別表があればこれは別表で書かれます。ただし、目次のないものもあります)。

「本則」とは、その立法目的である事項についての内容部分です。
通常、法令が「目次」の記載を終え、本則に入るとき、とくに「本則」とは書かれていません。「附則」の部分は「附則」と書かれます。
なお、「本則」という言葉は、例えば、不動産登記法附則3条5項「・・・新法の適用については、新法本則・・・中「登記記録」とあるのは「登記簿」・・・とする。」など、附則の規定の表現の中に見られます。

2 附則
「附則」とは、法令において、法令の付随的事項を定めることを目的として置かれるものです。一般に、施行期日、経過的規定、関係法令の改廃等に関する事項が書かれています。
書かれる場所・位置は、本則の後、法令の最後になります。本則とは区別して置かれるので「附則」とのタイトルがつけられます。

附則は、法令の一部になります。
附則の構成は、内容が簡単な場合は「項」に分けて書かれますが、そうでない場合は「条」で書かれます。
附則の中の条又は項を引用する場合には「附則第何条」又は「附則第何項」というように引用されます(本則の条文の中で、本則の条又は項を引用する場合には「本則」という文字は入れません)。

なお、法令の施行期日のみを定める政令(一般に「施行期日政令」という)には附則を置かないことが例になっています。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ