まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

相続 30 被後見人の遺言の制限

2010年10月26日


民法966条1項は「被後見人が、後見の計算の終了前に、後見人又はその配偶者若しくは直系卑属の利益となるべき遺言をしたときは、その遺言は、無効とする。」と定めています。
被後見人が未成年者の場合でも、15歳以上であれば遺言が出来ます(961)し、成年被後見人の場合でも、「事理を弁識する能力を一時回復した時において」、「医師2人以上の立会いが」あれば遺言できますが(973)、被後見人が後見人の影響を受けやすい立場であることを考慮して、「後見人又はその配偶者若しくは直系卑属の利益となる」遺言に、制限を設けたのです。
しかしながら、民法966条2項は「前項の規定は、直系血族、配偶者又は兄弟姉妹が後見人である場合には、適用しない。」ことにして、一定範囲の親族に対しては、「有利な遺言」であっても制限を設けないことにしております。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ