まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
塩原真貴

木造住宅を耐震・断熱構造に生まれ変わらせるプロ

塩原真貴(しおはらまさき)

株式会社Reborn

コラム

断熱改修・耐震改修 事前の調査による問題点の洗い出しが重大

断熱改修・耐震改修の手順

2013年5月3日 / 2014年6月19日更新

調査はかなり念入りに行います。図面が残っていない場合も少なくありません。
この場合、既存の図面を起こす作業が大事です。特に柱の位置は重要です。許されれば、天井を一部解体し、梁の位置も確認したいところです。

既存図面

この情報を構造計算プログラムに入力し、耐震上の問題点を洗い出します。


耐震 断熱 などの問題点

もちろんお客様から、現在のお住まいに対する不満、生活スタイル、工事予定期間、予算の上限などもお聞きします。
断熱改修の場合は、全館暖房の場合20℃設定でどのくらいのエネルギー消費が見込まれるのかもお示しします。(新住協のQPEXというプログラムソフトを用います)

これらを総合し、予算と改修工事の優先順位を天秤にかけながら見積書(初期は、予算配分メニュー)をおつくりします。このあたりが改修計画のキモです。予算が少ないならば、少ないなりに提案します。


改修メニュー(予算配分)


水廻りの改修も当然のようにあることでしょう。単純に住設機器を入れ替える工事だけであれば、私の存在意義はそれほど大きくありません。しかし、どうせやるなら冷めにくい浴槽にしたいところですし、キッチンも暖かい空間で料理してもらいたい、そんな想いをお伝えします。


改修ポイント


また、冬季の暖房をどうするか、ということも重要なテーマになります。これまで開放式のファンヒーターを各部屋に置いて、水廻りや廊下との温度差やガラス面の結露がひどい場合がほとんどです。温水パネルヒーターを用いた全館暖房の提案や、薪ストーブの採用を積極的におすすめしています。とはいっても断熱材をきちんと入れて、冷暖房の効きが良くなることの方が優先順位が高いことは明らかです。


断熱改修工事









この記事を書いたプロ

塩原真貴

塩原真貴(しおはらまさき)

塩原真貴プロのその他のコンテンツ

Share

塩原真貴のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-12-11
youtube
YouTube
2018-12-06
facebook
Facebook

塩原真貴プロのその他のコンテンツ