マイベストプロ宮城

コラム

朗読ボランティア 「杜の音通信」(No.63)

2020年1月6日 公開 / 2020年1月19日更新

テーマ:朗読

コラムカテゴリ:くらし

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
63回目 を迎えた令和元年12月は、以下の3作品を朗読しました。


① 木村 裕一 :作 「あらしのよるに」 より 「ふぶきのあした」
② 小泉 るみ子 :作 「ふぶきのあとに」
③ 浜野 卓也 :作 「にじをわたったおばば」


① 木村 裕一 :作 「あらしのよるに」 より 「ふぶきのあした」

  
100万人が読んでいる オオカミとヤギの友情物語 『あらしのよるに』 シリーズ 第6段



このシリーズを、1作目から続けて朗読している野呂さん。
今回も、「ガブ」 と 「メイ」 の声をうまく使い分けて、臨場感たっぷりに読んでくれました。
杜の音の皆さんも、ハラハラ・ドキドキ 手に汗握りながら楽しんで下さったようです。



次回は、いよいよシリーズの最終回 『まんげつのよるに』
どうぞ、お楽しみに!! 

② 小泉 るみ子 :作 「ふぶきのあとに」



北海道の冬を舞台に、雪と共存しながら生きていく、少女一家の生活を描いた作品。
小泉るみ子さん自身の絵も、柔らかい雰囲気を出しています。



小泉るみ子さんの故郷の 「冬の物語」 を、木村さんがイメージを大切に読んでくれました。
杜の音の皆さんも、感じとって下さったようでした。


③ 浜野 卓也 :作 「にじをわたったおばば」



夫を失い、たよりにしている一人息子がいくさにとられた母親。
いくさが終わって何年経っても帰ってこない息子を待つ母親の、
子どもに向ける思いが切々と伝わってきます。



今回は、田中さんが息子を亡くした母親の切なさを、情感豊かに語ってくれました。
杜の音の皆さんも、じっくりと耳を傾けて下さいました。



「朗読ボランティア」 がある日にデイサービスの日を変更する方もいる・・・
今回、担当の方から嬉しいお声を頂きました。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。

当日の詳しい模様は、こちらをご覧ください!
https://www.stage-up.info/contents/cat9/cat23/-112.php

この記事を書いたプロ

長野淳子

生きた言葉のプロ

長野淳子(ステージ・アップ)

Share
関連するコラム