まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

自転車事故に備える損害保険加入の義務化

自転車事故

2017年12月18日

京都府下全域にわたって,自転車に乗る場合,自転車事故に備える保険に加入することが義務化されます。

開始時期は,来年(平成30年)の4月からです。

詳細は,京都府の下記HPを確認していただければと思います。

http://www.pref.kyoto.jp/kotsuanzen/20170707.html#Q8

ただし,この「義務化」には,加入していない場合の「罰則」がなく,どこまで自転車保険が浸透するかは不明です。

しかし,ひとつ言えるのは,条例で義務化された以上,「条例に違反して保険に加入していない」ことは,万一,事故を起こして相手に怪我をさせ,加害者となってしまった場合の刑事処分の重さの判断では,考慮される(当然,「未加入」の場合,処分が重くなる方向に働きます)と思います。

つまり,ここからは,自動車の話となりますが,現在,自動車を運転して交通事故をおこし,相手に怪我をさせた場合,相手の怪我に対する賠償義務を果たせるだけの保険(この場合は,「任意保険」を主に差します。)を契約しているかどうかは,刑事処分(罰金や下手をすると刑務所にまで行くこと)の重さを判断するひとつの材料になっています。

また,強制保険である自賠責保険(共済)に未加入の状態で運転した場合は,「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」となります(この他,交通違反となり違反点数6点が付され、即座に免許停止処分となります)。

さらに,自賠責保険(共済)の証明書を所持していなかっただけでも30万円以下の罰金が科せられます。

自転車の場合,自動車の自賠責保険ほどの罰則がつくことは現状ありませんが,上記,自動車の場合,任意保険は「義務化されていない」にも関わらず,実質的には刑事処分の重さを判断する材料となっているので,それ以上に,「義務化された」自転車の保険につき,未加入の状態で事故を起こした場合は,刑事処分の重さが変わってくることは十分に予想されます。

ですので,「罰則がない」からといって,「自転車事故に備える保険に加入しなくともよい」ということは決してありませんので,皆様,ご注意ください。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ