まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

自転車事故における未成年者の責任,親の責任(3)~「主に民事責任について」~

自転車事故

2016年11月9日 / 2017年3月3日更新

自転車事故を起こし,こちら側に非がある場合は,被害を受けた相手に対し,損害賠償義務を負う。

これを「民事(上の)責任」といい,「刑事責任」とは区別されるということは前回までに述べたとおりです。

今回は,未成年者が事故を起こした場合に誰が責任を負うのかにつき,説明します。

1 12歳前後までの未成年者(おおむね小学生まで)の場合

  原則として,未成年者は責任を負わず,未成年者に代わって親等の監督義務者が責任を負います。

  なお,監督義務者の責任を規定した民放714条では,「監督義務者がその職務を怠らなかったとき,又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであったとき」は,監督義務者は責任を負わないとされており,例外的に,監督義務者に責任がない場合はあります。

  ただ,自転車事故の場合は,親等の監督義務者は,子どもに対し,自転車の運転や取り扱いにつき,安全運転を指導する義務があることは明らかで,事故の発生につき,子どもに非が認められるような場合に,監督義務者が「義務を怠らなかった」と認定されることは,ほぼ皆無と言ってよいと思います。

  結論を簡潔にいうと,小学生までの子どもが自転車事故を起こした場合は,親が責任を負い,莫大な賠償義務を親が負う可能性があるということです。

2 13歳から19歳の未成年者の場合

  原則として,未成年者本人が責任を負います。
  ですので,未成年者に「代わって」,親等の監督義務者が責任を負うことはありません。

  なぜなら,「代わって」ということは,行為者本人に責任がないことが前提ですから,行為者本人に責任がある場合には,「代わって」ということが発生しえないのです。

  ただ,この場合でも,親が責任を負う場合はあります。

  つまり,未成年者の子どもに「代わって」ではなく,「親自身の責任」が認められるケースです。

  具体的に言うと,未成年者の子どもが,事故を起こす前に,交通ルールを無視するような乱暴な運転を繰り返し,さらに,前に事故を何度も起こしたりしていた。
  にもかかわらず,親は,子どもに対し,適切な指導をしたり,あるいは,運転を控えるような措置をとらず,その結果,次の事故が発生したというような場合です。

  このような場合は,親本人が負う注意義務(正確てばありませんが,簡単に言うと,子どもが第三者に迷惑をかけないように指導する義務)を果たしていないということで,親自身の責任として,被害者に民事上の責任を負う場合はあります。

  ただ,この事例は,極めて極限的な事例であり,自転車事故で,親の責任が独自に認められるケースはほとんどないと言ってよいと思います。

  一方で,例えば,原付バイクで未成年者が事故を起こした場合等で,未成年者が無免許運転や違反運転を繰り返していた場合などは,親に上記のような独自の責任が発生するケースはあると思います。

  ここまでで,簡単に結論を言うと,中学生以上になると親ではなく,子ども(未成年者)本人の責任となる。

  この場合は,学生の身分である子どもから賠償を受けることはかなり難しいケースもあり得るということです。

3 自転車事故でも,弁護士に相談を

  以上のように,自転車事故と言っても,大きな問題が発生することは多数あります。

  ここまで,できるだけ簡明に説明したつもりですが,具体的なケースに当てはめてみないとわからないことが多数あると思います。

  ここまで加害者の責任につき,説明しましたが,これらは,被害者として,加害者に請求する時にも参考になると思って説明しています。

  自転車事故が発生した場合,被害者の方も,「自転車事故だから」というふうに簡単に考えられることなく,弁護士に一度,ご相談されることをお勧めします。

   

  

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ