まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
小黒健二

足の健康を守る“足と靴のアドバイザー”

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

お電話での
お問い合わせ
045-989-4807

コラム

足とインソールと靴の関係

足と靴

2018年1月23日

先日、「足のカウンセリング」のご予約を頂いたご婦人との会話の中で、日頃から気になっている事柄について再考しました。

「足が痛い」、「靴が合わない」と実感されると、多くの方が足に合う靴を求めて靴屋さんに向かわれます。
様々な靴をご購入され、けれどもまだ「足が痛い」という状態が続いたとします。
すると、一部の方がインソールを作って靴に入れれば、「足の痛み」が解消するのではないかと考えます。
そして、当相談室を訪れます。


当相談室では「足のカウンセリング」を行い、足が痛くなる原因を詳細にお調べします。
先日のご婦人の場合には、扁平足と足首の過回内が、足首の痛みや踝の違和感、足裏の痛みや膝の痛み等の要因になっている可能性が考えられました。
ご婦人は「足のカウンセリング」の結果と足の痛みとの関係に対する説明を熱心に聞かれていました。
そして、簡単な体験用のパーツと組み合わせた「健康靴」による足のサポートを体験して頂きました。
その結果、「とても快適に歩けるのが良く分かりました。」と喜んで頂けました。

「ぜひ、私の足に合うインソールを作って下さい。」とご婦人。
そして持っていらっしゃった荷物の中から靴を2足取り出します。
「この靴にぴったり合うインソールを作って下さい。」とご婦人。
1足はヒールパンプスで1足はスニーカーでした。

ご婦人が持っていらっしゃった靴を手に取り、私は説明せざるを得ません。
「大変申し訳ないのですが、この靴にインソールを入れても、足の痛みは解消しないと思います。」
するとご婦人は「えっ?、どうしてですか?」と怪訝な表情を浮かべます。
「まず、靴が足に合っていないという事、そして、靴が足と足をサポートするインソールを安定して支える構造にはなっていないという理由からです。」と説明する私。
「でも、この靴が楽に履けるようにしたくて、インソールをお願いしようと思って来たんですよ。」とご婦人。

上記のようなやり取りは、実はずっと以前から良くある例として、何度となく繰り返されてきました。
そこにあるのは、「いくら靴を買い替えても足が痛くなるのは、靴が足に合わないからだ。」と考え、お気に入りの靴を足に合わせる手段として「インソール」があるのだという思い違いなのです。
もちろん、足に合う、足を安定させるという条件が揃っている靴なら、その考え方は間違っているわけではないのですが、足に合わない、足が安定しない靴と組み合わせても、決して良い結果は望めないのが現実なのです。


「足が痛い」、「靴が合わない」原因の多くは、普段履いている「靴」や「靴の履き方」や「歩き方」などの生活習慣が足に悪影響を及ぼすという事にあります。
その結果として、「外反母趾」や「扁平足」や「膝の痛み」や「足裏の痛み」や「足首の痛み」などが起きてしまうのです。
そうした足回りの環境を見直すという事が、足の健康を取り戻すための一番重要な第一歩なのです。
ですから、足とインソールと靴の関係性を総合的に理解して頂く必要があるのだと痛感しています。

コラム一覧 http://mbp-kanagawa.com/robinfoot/column/
「足と靴の相談室」ロビンフット長津田 http://www.robinfoot.co.jp/
Instagram https://www.instagram.com/robinfoot_nagatsuta/
yahoo知恵袋 http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/yc_fhviq
Twitter https://twitter.com/RobinFootOguro
Facebook https://www.facebook.com/robinfoot.nagatsuta.home/
youtube https://www.youtube.com/channel/UC1XqTDECXxpVF1oI4rNwjsg
JIJICO記事一覧 http://jijico.mbp-japan.com/author/ogurokenji

この記事を書いたプロ

小黒健二

小黒健二(おぐろけんじ)

小黒健二プロのその他のコンテンツ

Share

小黒健二プロのその他のコンテンツ