まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
小黒健二

足の健康を守る“足と靴のアドバイザー”

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

お電話での
お問い合わせ
045-989-4807

小黒健二プロのコラム一覧:足底腱膜炎

人の筋肉や腱や関節は、オーバーワークや逆に運動不足や加齢で組織が柔軟性を失ってくることがあります。そんな状態の時に咄嗟の動作や急に体を動かしたり、過度な運動をして負荷を掛け続けると、柔軟性を失った筋肉や腱や関節自体に大きな負担が掛かって組織を痛めてしまう事があります。足...

「足底腱膜炎」とは、オーバーワークや運動不足や加齢などで土踏まずのアーチを構成している足底腱膜の組織が柔軟性を失ってしまい、その状態で立ったり歩いたり走ったりして足に荷重の負荷が掛かると、硬くなった足底腱膜の組織が荷重の負荷や衝撃の影響により、引き伸ばそうとする力に耐えきれず...

ヤフー知恵袋で専門家の立場から足の痛みや症状に対するアドバイスを差し上げているのですが、近年、特に増えていると感じている足の障害に「足底腱膜炎」があります。足底腱膜炎は、土踏まずのアーチを構成している足底腱膜の組織が、主に運動不足や加齢が原因で柔軟性を失った状態になり、そ...

足底筋(腱)膜炎を起こして痛みが強い場合には、安静にしている事が必要です。けれども、どうしても仕事や学校などを長期間休めない時には、足底筋(腱)膜への負担を軽減して炎症を抑える必要が生じます。例えば、カカトの裏の接地する部分にクッション材を施したり、土踏まずを構成する足...

足底筋(腱)膜炎は激しいスポーツをする方が良く罹患するものだと思われていましたが、近年では運動不足や肥満、合わない靴が原因によるものなど、一般の方にも多く見かけるようになってきました。急に長時間の立ち仕事を始めたという方、事務系のお仕事を続けられてきて体重が増えたという方...

足裏の土踏まず~カカトの手前にかけての部位が炎症を起こしてズキズキと痛み出すのが足底筋(腱)膜炎の典型的な症状です。初期状態では、なるべく安静にして足に負荷を掛けなけないように注意していれば、自然と炎症が治まり痛みが無くなる場合もありますが、繰り返し痛みが起きたり、激しい...

今、足底筋膜炎で悩む方が増えていると話題になっているのですが、確かにその通りだと実感しています。足底筋膜炎の初期症状では、土踏まずから踵の手前にかけての足裏の筋に沿った部分がズキズキと痛み出します。それでも、立ったり歩いたりせずに安静にしていると痛みが和らぎますので、しばら...

男女を問わず、働き盛りの年代に足底筋膜炎(そくていきんまくえん)になる方が増えているようです。足底筋膜炎は足裏の土踏まずを構成し、足指を動かす役目をする筋腱群(足底筋膜)に大きな負荷が掛かり続けることにより、筋膜が炎症を起こして痛みを伴う厄介な症状のことです。多くの場合、土...

足の一番大きなアーチ構造である内側の縦アーチ。いわゆる土踏まずと言われている足裏の空間構造。このアーチ構造を支えている筋力が靴の影響を受けたり、生活習慣による運動不足で低下すると、筋肉の力を各関節に伝える腱や筋が弾力性を失い、冷蔵庫で冷やしたゴムのようになってしまいます。弾...

10年ほど前に当相談室で靴をお作りになったご婦人から突然お電話がありました。「ずっとご無沙汰してたんですが、急に足が痛くなったので、また診てもらいたいんです・・・。」との事。ご予約の時間ピッタリにご来店されたご婦人の足を診ると、かなり扁平足になっていました。「以前と比べても...

小黒健二プロのその他のコンテンツ

Share

小黒健二プロのその他のコンテンツ