まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
小黒健二

足の健康を守る“足と靴のアドバイザー”

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

お電話での
お問い合わせ
045-989-4807

小黒健二プロのコラム一覧:ニュース雑感

銀座の公立の小学校がアルマーニのデザインした制服を採用するという話題がニュースやワイドショーに取り上げられ、様々な意見が発信されています。「ビジュアルアイデンティティの確立」を謳う校長先生の主張や「いったい何を考えているんだ?」という疑問の声や「そんな高い制服を買わせられる...

2000年頃から勢いを増してきた「ファストファッション」。「早くて安い」ファストフードさながらに、手頃な価格でお洒落を楽しめる安価な洋服の総称として定着してきました。そうした服飾業界の流れを受け、靴も低価格でありながらデザイン性の高い靴の需要が大きく伸びて、販売数量は毎年...

情報技術の発達のおかげで様々な情報に手軽に接する事が出来るようになった一方で、自分にとって都合の良い情報以外は「事実」ではないといって無視したり、否定するような人が増えてきているのだそうです。そこに芽生えてきているのは、ある種の共感性の欠如であり、建前よりも本音を基礎と...

とうとうここまできたか・・・。と考えさせられるニュースが伝わってきました。なんと、大学の研究を軍事用にも認め、予算を付けられるようにするという議論が始まったのです。例えば、民生用で有害物質を取り除いて環境浄化をする研究にはなかなか予算が付かないのに、毒ガス兵器などから兵...

国土交通省の調査によると、仕事や買い物などで外出する人の割合が調査開始以来、ここ30年で最低になったそうです。高齢人口の増加に加え、インターネットの普及によってネットで買い物をする若年層が外出しなくなっていると推定されるそうです。特に休日に外出する人の割合が低くなってき...

間もなく過ぎ去ろうとしている2016年。21世紀の幕開けとしての2001年から数えても15年が経ってしまいました。そして2016年は、かつての未来想像図とは違う現実に向かってスタートした年として記憶されそうです。経済のグローバル化が持て囃され、世界中が国境や人種や政治...

DeNAが運営していた医療系情報サイト「WELQ」のでたらめな運営状況が明らかになり、批判され問題になっています。インターネットの世界では、無料で手軽に欲しい情報にアクセスできる情報サイトやインターネット上の情報を集める「まとめサイト」なるものが数多くあります。個人で運営するサイ...

自由貿易主義を旗印とした経済のグローバル化を強力に推し進めてきた米国。その主張は伝統的な共和党の主張にもなっていた筈です。その共和党の大統領候補となったドナルド・トランプ氏が米国の次期大統領に選出されました。ところが、トランプ氏の主張では伝統的な共和党の自由貿易主義とは...

経済のグローバル化で繁栄と富を謳歌していると思っていた米国。ところが、現実には所得格差が拡大して中間所得層がどんどん没落しているのだそうです。人口構成の中で最も多数を占めていた中間所得層の縮小は、同時に政治的な中間層の縮小も招いてしまったようです。中間所得層の減少と共に...

築地の豊洲移転問題、議員の政務活動費の不正請求問題、東京オリンピックの膨れ上がった予算問題等々、ありとあらゆる様々な課題や問題に対し、私たちはその都度、判断や評価や意見を示して、主権者としての立場を行使しているわけですが、その前提としての正しい情報開示がなされなければ、判断材...

納得がいかないことばかりのニュースが続く中で、またまた「えっ?」というような報道がありました。4月から電力の自由化が始まって、様々な企業の電力小売りへの参入が起きました。私の周りでも、電鉄系やガス会社、通信会社などの新電力各社のPR合戦が賑やかでした。これで電気料金も...

障害者や相対的貧困に置かれている人達や外国人等に関する事件や議論が起きています。そうした事件の報道や議論に接した時にふと感じるのは、最近は共感や共生よりも突き放したような意見や排他的な感情が出てきてしまうという状況に対する危惧です。相手の立場に立って考え共感する姿勢よ...

イギリスのEU離脱という国民投票の結果を受けて、様々なニュースが渦巻いていますね。TVのニュースの論調では、イギリスの連合王国崩壊の危機とか、EUの終わりの始まりとか、連合(ユニオン/ユナイテッド)が崩れることによる経済的、民族的、国家的対立が高まれば、グローバル経済の中、そ...

アベノミクスの経済効果や舛添都知事の政治資金問題などの報道を見ていると、つくづく実感とは乖離しているなと思います。経済や政治の流れや仕組みや対策の結果と、私たちの生活実感や庶民感覚とのギャップがますます大きくなっているような気がするのです。経済のグローバル化が進むにつれ...

日本人の平均寿命は今や世界でもトップクラスとなっています。男性が80.21歳で女性が86.61歳だそうです。しかしながら、超高齢化社会を迎える中での矛盾した現実も露わになってきています。平均寿命が延びるのは喜ばしい事ですが、だからといって幸せで安全安心な生活が送れるか...

小黒健二プロのその他のコンテンツ

Share

小黒健二プロのその他のコンテンツ