まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
浅井知彦

素材を生かした自然派住宅のプロ

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
078-862-9386

コラム

「住宅ローンの逆ざや」について

住宅

2016年3月11日

現在、住宅ローンの金利は、非常に低くなっています。

一番安い変動金利は1%を大きく下回り、0.5%台。

10年固定金利にした場合でさえ、1%を下回るところが出てきました。


一方、住宅ローン減税も継続されています。

現在の住宅ローン減税は控除率1.0%。最長10年で最大400万円までとなっています。


これらの数字を見て頂ければ判りますが、減税の控除率がローン金利を上回っています。


たとえば、住宅ローンの金利が0.6%、ローン残高が4,000万円であれば、ざっくりとした計算ですが、

  【住宅ローンで支払う利子】4000万円×0.6%=24万円

  【住宅ローン減税で戻ってくる税金】4000万円×1%=40万円

  【差額】16万円

・・・となり、「ローンを組んでいるのに収支がプラスになる」という、不思議な現象がおこっています。

※ちなみに、支払っている所得税が元々40万円以下であれば、控除が使い切れなくなります。
※そういう意味では、所得税の高い(収入が多い、扶養家族が少ない)人ほど、この恩恵が大きく受けられます。


以前にも書きましたが、私は、家を建てる時期については「必要に応じて」決めて頂くのが一番良いと思っています。

しかし、現在のような経済状況の場合、もし新築計画があるのでしたら、今、具体的に検討をはじめて貰っても良いのではないかと思います。



ちなみに「住宅ローンで家を建てるより、自己資金で家を建てる方が、施工会社に優遇されるのではないか」と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

住宅ローンが確実に実行される状況であれば、資金計画としては全く問題はありません。

自己資金が充分にあっても、あえて大型の住宅ローンを組む方もいらっしゃいます。


ただ、家が完成するまでの中間支払いや、諸経費の支払い方法、時期などの問題もありますので、資金計画については、施工会社と一緒に話を進めていった方が良いかもしれません。


   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

浅井知彦

浅井知彦(あさいともひこ)

浅井知彦プロのその他のコンテンツ

Share

浅井知彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

担当浅井知彦(あさいともひこ)

地図・アクセス

浅井知彦プロのその他のコンテンツ