まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
浅井知彦

素材を生かした自然派住宅のプロ

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
078-862-9386

浅井知彦プロのコラム一覧

◇『神戸市須磨区のRC住宅』見学会(9月22日・23日)お施主様の御協力により、神戸市須磨区で鉄筋コンクリート住宅の見学会を開催いたします。地震や台風、竜巻や水害などに強い鉄筋コンクリート住宅ですが、実際にはどういう家なのか、家の中を見学された方は少ないのではないでしょうか。...

建築家

2018-09-13

建築家には、それぞれ得意分野があります。私の場合は、鉄筋コンクリート、特に打ちっ放しの建物が得意な建築家ということになります。デザインについて語る建築家が多い中で、この分野を専門にしている建築家というのは、少ないのではないでしょうか。今回は、その理由について書いていき...

【海が見える家に住む】【都会の夜景を楽しむ住まい】・・・このように書くと、タワーマンションのキャッチコピーみたいですね。実際、平野が広く高い土地がない東京近辺では、「眺望が良く、海が見える住まい」「夜景が見える部屋」というと、タワーマンション高層階くらいしか選択肢が...

物件情報をチェックするとき、知っておいて欲しいこと、今回は、物件資料を読むときの注意点などを書いていきたいと思います。インターネットで物件検索を行う場合などに、参考にしてください。前回はこちらです。土地探しで失敗しないために注意して欲しいこと【現地調査】◇建てら...

家を建てるための土地探しについては、今までも何度が書いてきました。建築士がおすすめする土地探し土地探し今回は、実際に土地探しを行うとき、失敗しないための注意点、チェックポイントなどについて、具体的に書いていきます。インターネットで物件情報をチェックするとき、...

今回のテーマは、道路との高低差のある土地、下の図のようないわゆる雛壇地についてです。阪神間は昔から山を造成して住宅地としてきた土地柄ですから、このような住宅地も多く取引されています。特に神戸、芦屋、西宮のエリアで人気のある高級住宅地の多くは、このような雛壇地になっ...

私が主に仕事をしている阪神間は、元々六甲山系が迫り、平坦な土地が少ないところです。その中でも特に陽当たりが良く、眺望も優れた人気住宅地というのは、当然ながら山手の傾斜地に固まっています。阪神間のエリアで住宅地を探していると、傾斜地は珍しい土地ではありません。一般...

旗竿地については既に御存知の方は多いと思いますが、一応最初に、一般的にいわれているメリット、デメリットを書いておきます。【メリット】・坪単価で考えると相場より安い。・道路から離れることで、静かな環境が得られる・通路部分も建蔽率、容積率に算入出来るので、実質的...

まず最初は、変形地についてです。この場合の変形地とは、敷地が正方形、長方形のような形ではなく、極端な台形や三角形である土地のことを指します。変形地については、過去にもコラムを書いてきました。変形地に家を建てる方法重複する部分もあるかもしれませんが、今回は実際...

今回から数回にわたって、「変形地」「旗竿地」「傾斜地」「雛壇地」「高低差のある土地」について、書いていきます。これらのテーマについては、過去にも何度かコラムを書いてきました。こちらも参考にしてください。【参考】高低差のある住宅地、傾斜地に家を建てる方法(傾斜地を...

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、今ではすっかり住宅用照明の主力になっています。御存知のように、LED照明には「長寿命」「省電力」などの優れた省エネ性能があります。さらに「発熱温度が低い」「小型で高輝...

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフォームについての新常識、主にコスト面について、いろいろと書いていきます。◇一戸建ての全面リフォームは安くない一戸建て住宅の全面リフォームとは、柱や梁などの構造部...

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえば、たとえば住宅展示場にある大手ハウスメーカーの住宅、構造的には主に「軽量鉄骨」といわれる工法で建てられる家です。さらに具体的にいうなら、ダイワハウス、セキスイハウス...

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」。昔は、在来工法と呼ばれる木造住宅、いわゆる大工さんが建てる家については、「棟梁の勘と経験」で建てられてきました。このような場合、丈夫な家かどうかは棟梁の腕次第...

建築は「経験」が重視される仕事です。「豊富な現場経験」と、そこから得られる「家作りの常識」は、新たな家を作るときに役立つ貴重な知識・情報源になります。反面、技術の進歩によって、その「常識」が変わることもあります。震災被害や最新の調査結果、技術の進歩により、いまま...

浅井知彦プロのその他のコンテンツ

Share

浅井知彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

担当浅井知彦(あさいともひこ)

地図・アクセス

浅井知彦プロのその他のコンテンツ