まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福島
佐藤浩明

消化器内科専門医で「内視鏡検査」のプロ

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

コラム

虫刺されを防ぐには?

2016年8月11日

おはようございます。さとうクリニックの佐藤です。今朝は「虫刺されを防ぐには?」という報告です。
 マダニ、蚊、特定のハエは、厄介な感染症を広めることが知られている。米国疾病管理予防センター(CDC)によれば、虫刺されを防ぐには、防虫剤を使用することが最もよいという。CDCでは、DEET濃度の高い虫よけを推奨している。蚊、マダニ、その他の虫から保護する効果がある。一方、天然成分の虫よけがどの程度有効かは明らかになっていない。
 虫よけは適切に使用することが重要で、製品の説明書を全て読み、指示どおり使うことが勧められる。通常、有効成分の濃度が高いほど保護効果の持続時間は長くなるが、DEET濃度が50%を超えると保護効果は高まらない。
 CDCは、他にも虫刺され予防のヒントを以下の通り紹介している。
・日焼け止めと虫よけを同時に使う場合は、最初に日焼け止めを塗り、乾燥させてから虫よけを使う。
・衣服の下の肌には虫よけを使用しない。
・殺虫剤ペルメトリンを付着させた衣服、靴、テントなどの使用を検討する。予め成分を付着させた衣服を購入することもできる。ペルメトリンは皮膚に直接使用しないこと。
・できるだけ肌を覆うことも大切。長袖シャツ、長ズボン、靴下、帽子を用いる。シャツはズボンの中にたくしこむ。さらにズボンを靴下の中に入れてもよい。ただし、薄い布越しに刺す虫もいるので注意する。
・旅行では、空調が整備されているか、窓や網戸の状態がよいホテルなどに泊まる。
・寝る場所に虫が入ってくるのを避けられない場合は、ペルメトリン処理をした蚊帳の中で寝る。
・屋外で寝る場合は、蚊取線香、またはメトフルトリンやアレトリンを含む虫よけを使用する。

この記事を書いたプロ

佐藤浩明

佐藤浩明(さとうひろあき)

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明

さとうクリニック内科・消化器科

担当佐藤浩明(さとうひろあき)

地図・アクセス

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ