マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. インフルエンザ予防接種は本当に意味がない?

インフルエンザ予防接種は本当に意味がない?

カテゴリ:
医療・病院

ネットを中心に広まる「インフルエンザワクチン」への不信感

インフルエンザ予防接種は本当に意味がない?

最近は、どうも医療に関しての不信感が蔓延しつつあるようです。数年前、あるウイルス感染の専門家が「インフルエンザワクチンは打たないで!」と題する書籍を出版し、「ワクチンは劇薬で副作用ばかりで、まったく効かない」と述べたことも少なからず影響しているようで、「インフルエンザの予防接種は意味がない」といった情報がネットを中心に広まっています。

では、本当にインフルエンザワクチン接種には意味がないのでしょうか?この点に関して、確実であろうと思われる情報に基づいて解説します。

不活化ワクチンの接種で、重症化、肺炎、死亡のリスク減少

まず、厚労省ホームページの「インフルエンザワクチン季節性インフルエンザと新型インフルエンザ」に関する参考資料によると、「WHOの公式見解からは現行の不活化ワクチンの接種では、ウイルス感染を防御できず、インフルエンザの発症、入院、死亡に対する効果には限界がある。ウイルス感染そのものは抑えることはできないが、重症化、肺炎、死亡のリスクを下げることはできる」とあります。

さらに「ワクチンの有効性は100%ではなく、予知できない副作用が出現する可能性もあるが、有効性が十分に確認されたワクチンを少数者に接種するよりも、有効性が多少不十分なワクチンでも多数に接種した方が、社会全体での流行と健康被害に対する抑制効果は高い」と記載されています。実際に、インフルエンサ??ワクチンの接種で他人への感染性を減らし、集団感染予防に役立つことを「示唆する」論文はあります。

65歳以下の発症者のうち、接種で70~90%は予防できる

また、日本の研究でも、小児へのワクチン投与が流行を防き??、高齢者の死亡を減らすことか??示唆されています。いくつかの信頼できる様々な研究を総合すると、65歳以下のインフルエンザ発症のうち、ワクチンを接種すれば70~90%ぐらいは予防できるだろうと考えられます。

日本においては、冒頭に紹介した書籍が論拠の一つとしている1987年の通称「前橋リホ??ート」が殊更に取り沙汰される傾向があるようですが、一研究の論拠のみに注目して他は顧みないという態度はあまり科学的とはいえません。

ワクチンの明らかな有効性を担保するデータは実際に多数存在する

以上のようなことを考慮すれば、今までにインフルエンザに罹患したことがなく、ワクチンの副作用を心配する気持ちが強い場合は、自身の判断で「あえて接種をしない」という選択もありかもしれません。

しかし、大多数での確実な証拠ではないにしろ、ワクチンの明らかな有効性を担保するデータは実際には多数存在しますので、今シーズンのように、ここ数年で早めに流行が始まった時などは、ワクチン接種をしないことによるデメリットの方が大きいのではないでしょうか?

佐藤浩明

消化器内科専門医で「内視鏡検査」のプロ

佐藤浩明さん(さとうクリニック内科・消化器科)

Share

関連するその他の記事

アントニオ猪木さんが難病「心アミロイドーシス」を告白。症状は?どのような病気?

日本では特定疾患に指定されている「心アミロイドーシス」とは、どのような病気なのでしょうか。症状や治療法について、内科医の古家敬三さんに聞きました。

古家敬三

古家敬三さん

プライマリ・ケア(初期診療)のプロ

就寝中のクーラーは体調不良を引き起こす?体温低下が招く危険性とは

猛暑が続く8月ですが、就寝中のクーラーが体調不良を起こす可能性があることをご存知でしょうか。今回は、体温低下が招く危険性について詳しく紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

人体の9つの穴を清潔にすることと免疫力アップでウイルス対策を!

新型コロナウイルスの予防として、人体への侵入経路を把握し、それぞれにあった対策について紹介します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

テレワークによる運動不足で心肺機能が低下?その解消法とは

新型コロナウイルスの影響で、社会全体がテレワークを推奨しています。自宅勤務が増える事により、運動不足が懸念され、その結果心肺機能の低下が考えられます。そこで、今回は心肺機能低下の解消法をお伝えします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す